更年期障害の主な治療法ついてまとめています。


今は、様々な方法がある、更年期障害の治療方法を解説

漢方薬で不定愁訴を解消していく

医療の現場でも、漢方薬が更年期障害の治療に使われる機会が増えました。特に不定愁訴(ふていしゅうそ)がある場合は、漢方薬が効果を発揮しやすいため、選択されるケースが増えてきているのだと思います。

市販薬として販売されている漢方の婦人薬もたくさんありますが、医療用の漢方薬には健康保険が適用されますので、長期間飲む場合は市販の漢方薬よりも病院で処方してもらった方がかなり経済的です。

三大婦人薬といわれる漢方薬

更年期に効く漢方薬は下記の3つ以外にもたくさんあるのですが、この3つは三大婦人薬といわれている漢方薬で、日本全国ほとんどのドラッグストアで販売されています。

桂枝茯苓丸
(けいしぶくりょうがん)
比較的体力があり、ときに下腹部痛、肩こり、頭重、めまい、のぼせて足冷えなどを訴えるものの次の諸症:月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、血の道症、肩こり、めまい、頭重、打ち身(打撲症)、しもやけ、しみ、湿疹・皮膚炎、にきび
加味逍遥散
(かみしょうようさん)
体力中等度以下で、のぼせ感があり、肩がこり、疲れやすく、精神不安やいらだちなどの精神神経症状、ときに便秘の傾向のあるものの次の諸症:冷え症、虚弱体質、月経不順、月経困難、更年期障害、血の道症、不眠症
当帰芍薬散
(とうきしゃくやくさん)
体力虚弱で、冷え症で貧血の傾向があり疲労しやすく、ときに下腹部痛、頭重、めまい、肩こり、耳鳴り、動悸などを訴えるものの次の諸症:月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、産前産後あるいは流産による障害、めまい・立ちくらみ、頭重、肩こり、腰痛、足腰の冷え症、しもやけ、むくみ、しみ、耳鳴り


この3つ以外に、下記のような漢方薬もありますので、ドラッグストアや漢方薬局で相談してみてください。 体質や体格、主な症状を考慮して選んでいきますので、漢方の専門家に相談して購入するのが一番です(婦人科で処方されることもあります)。

  • 温経湯(うんけいとう)
  • 八味地黄丸(はちみじおうがん)
  • 四物湯(しもつとう)
  • 苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)



足りないものを補い、過剰なものを取り除く

漢方の考え方として『気・血・水』という独特な理論があります。『気・血・水』のバランスが整っていれば体の不調は出にくいのですが、このどれかが不足したり、過剰になりすぎたりすると、徐々に体調が崩れてしまいます。

特に、血と気のめぐりが悪くなるのが更年期の特徴で、このバランスを整える漢方薬が治療薬として使われます。「血」の巡りを改善することで、血行不良や冷え症、貧血、のぼせ、ほてり、肩こりなどを改善し、「気」の巡りを整えることで、頭痛、不眠や不安、イライラ感といった症状を改善していきます。


更年期に効く漢方薬のイメージ


サプリメントで更年期の症状を改善

漢方薬の他にも、更年期の不快な症状を緩和してくれるハーブティーやサプリメントなどもあります。ハーブティーやサプリメントは医薬品ではありませんので、治療効果や即効性はありませんが、日頃の健康維持や更年期症状を悪化させない効果はあるのではないかと思います。

下記のページで、更年期の女性の健康管理に役立つサプリメントを紹介していますので、参考にしていただければと思います。

更年期の不快な症状に。大塚製薬の「エクエル」



病院で行われている主な治療法

ホルモン補充療法

更年期の不快な症状は、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンが少なってくるために起こるため、そのエストロゲンを補って症状を解消していくホルモン補充療法が行われることもあります。

ホットフラッシュ(急な顔のほてり)や異常な発汗、自律神経の乱れを改善する効果が比較的早く出るため、漢方薬と併用して処方されることもあります。

錠剤もありますが、現在はジェルタイプの塗り薬や貼り薬が主流で、エストロゲンを腕などに塗って皮膚から吸収させるため、胃の不快感などが起こりにくく、以前に比べて体への負担が軽減されています。


ホルモン充填をするかどうかは、症状の度合いや血液検査によるホルモンの数値などを医師が総合的に判断して決定します。

?

ホルモン補充療法の副作用

ホルモン剤の補充により、不正出血や乳房のハリ、おりもの、吐き気などの症状が出ることがあります。一般的に、使用するうちにこれらの症状は和らいでいくことが多いのですが、症状がツラい場合は医師に相談して薬の量を加減してもらうことも可能です。

ホルモン療法によって乳がんのリスクが高まるといわれたこともありましたが、最近の調査では、ホルモン剤の使用によって乳がんのリスクが逆に低下するという報告もあり、効果が見直されてきているようです。

治療をする時には、効果や副作用について医師と充分話し合いをして、不安を取り除くことも大事ですね。



睡眠薬や抗不安薬が処方されることも

睡眠障害や不安症状が強い場合は、一時的に睡眠薬や抗不安薬が処方されることもあります。

漢方薬の中にも不眠や不安に効果がある処方がありますので、抵抗がある人は漢方薬を出してもらうと良いと思いますが、睡眠薬を必要以上に怖がることはありません。むしろ、不眠の状態が長く続く方が体には良くありませんので、医師に相談してみてください。


プラセンタ療法

プラセンタ注射のイメージ最近になって注目されている治療法で、更年期障害と診断された場合は、プラセンタの皮下注射に健康保険が適用されるようになりました

プラセンタとは「胎盤」のことで、疲労回復や滋養強壮のための医薬品として以前から認可されていて、市販薬では錠剤やドリンクタイプの商品があります。主に馬や豚の胎盤が原料として使われています。

プラセンタには、免疫力を高めたり、自律神経のバランスを整えたりする働きがあり、更年期障害の他に、リウマチ疾患や喘息、アトピー性皮膚炎、うつ病、自律神経失調症などのさまざまな病気の改善に効果があるとされています。

ただ、プラセンタ注射を受けると、第三者への輸血が出来なくなるなど、いくつかの制限がありますので、治療を受けるかどうかは医師とよく相談した上で決めると良いでしょう。

更年期障害について知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る