メニエール病はどんな病気なのか?吐き気やめまいとの関係を簡単にまとめています。。


メニエール病

メニエール病とは

30歳代~50歳代の発症が多く、子供ではほとんど発症しません。内耳のリンパ液の異常や、過労やストレス高血圧などが引き金になって起こると言われていますが、メニエール病の原因は現在のところ不明です。

患者さんへの調査では、性格は几帳面・神経質と答える割合が高く、精神的・肉体的疲労ストレスを抱えている人、睡眠不足などの状態の人に起こり易い傾向があります。


メニエール病とは


回転性のめまいは、メニエール病でなくても起こることはあります。疲れがたまっている時などに起こる一過性のめまいであることもあるので、そう神経質になることはないと思いますが、嘔吐を伴うようなめまいが何度か続くようなら一度病院を受診してみてください。

そんな時、「何科を受診したらいいの?」と思う人もいると思います。回転性のめまいの場合は、耳鼻咽喉科や脳神経外科などいくつかの科にまたがって受診することもありますので、内科、脳神経外科、耳鼻咽喉科などがそろっている総合病院がいいでしょう。耳鳴りをともなう場合は、最初に耳鼻咽喉科を受診しても良いかと思います。





症状

  • 何のきっかけもなく、突然おこる激しいぐるぐる回る(回転性)めまいが、30分位から数時間続きます。めまいに伴い、吐き気嘔吐、冷や汗、顔面が蒼白くなる、脈が速くなるなどの症状が出ます。
  • めまいと一緒に難聴や耳の塞がった感じ、あるいは耳鳴りなどの耳の症状が現れます。これらの耳の症状はめまいと一致しておきたり悪化したりしますが、めまいの軽快とともに元に戻ります。


危険な疾患ではありませんが、放置すると耳鳴り・難聴が進行します。

耳鼻科の医師がメニエール病について解説した動画があります。
非常に分かりやすくお話されているので、ご覧になってみてください。



治療法

治療は主に薬物療法になります。市販薬では対応できませんので、メニエール病が疑われる場合は医療機関を受診してください。薬物療法では、内耳のリンパ液の異常を改善するために、利尿剤などが投与されることが多いです。内耳の神経細胞や内耳神経の活動を改善する目的で、ビタミン剤や末梢血流改善剤なども使われます。


メニエール病の治療


時々、ドラッグストアの店頭で「回転性のめまいに効く薬はあるか?」との相談をされる人もいらっしゃいますが、市販薬の中にメニエール病の治療薬はありません。回転性のめまいに効果のあるお薬も取り扱っていませんので、症状がある場合はかかりつけの医師を受診してください。


突発性難聴


突然、片方の耳の聴こえが悪くなり、強い耳鳴りや吐き気、回転性のめまいなどを伴う疾患です。重い場合は、耳がまったく聞こえなくなります。ウイルス感染や内耳の血流障害が原因と考えられいますが、過労やストレスが引き金になることも分かっています。メカニズムや原因、確実な治療法などは解明されていません。

医学博士が解説した動画がありますので、ご覧ください。
突発性難聴の原因や症状、治療法などについて簡単にまとめています。



吐き気に関係する病気



吐き気の原因と対処法

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る