アトピー性皮膚炎に効果があるといわれる市販の漢方薬について。


アトピーに良いとされる漢方薬

アトピー性皮膚炎と漢方薬

西洋医学は病気を治し、東洋医学は病人を治す」といいますね。完治することはないと言われているアトピー性皮膚炎ですが、体の冷えなどの慢性的な症状を改善したり、血・気・水の巡りを良くすることで、症状が改善されることがあります。このページでは、アトピーなどの慢性的な皮膚疾患に用いられる漢方薬について簡単にご紹介していきます。





漢方薬は自分の症状にピッタリのものを見つけるのはとても難しく、一般の方々には少々ハードルが高いかもしれません。漢方薬は、飲む人の体格や症状によって選ぶお薬が違います。同じアトピー性皮膚炎でも、飲む人の体質によって、選択する漢方薬がまったく違うこともあります。

最近は、漢方薬を処方する皮膚科医も増えてきていますし、皮膚病の漢方相談を行っている薬局などもありますので、そういった専門家の方に相談をしてお薬を選ぶようにしてください。

また、慢性皮膚疾患の場合は、食生活や生活環境の見直しも同時に行っていかないと、お薬の効果がなかなか出ないこともあります。そういった理由からも、自己判断ではなく、きちんと専門家に診断やアドバイスをしてもらうことが大事なのです。






代表的な漢方薬

ここでは代表的な漢方薬をご紹介しています。

  • カサカサorジクジク
  • 患部が熱を持っている
  • 出血しやすい
  • 化膿しやすい
  • 皮膚の落屑がある


症状や飲む人の体力の程度に応じて選択する商品が異なりますので、医師・薬剤師、登録販売者といった専門家にご相談の上、服用してください。


温清飲(クラシエ)
◆カサカサタイプの皮膚炎・湿疹に。

消風散(クラシエ)
◆ジクジクタイプの皮膚炎・湿疹に。

十味敗毒湯(クラシエ)
◆化膿しやすい皮膚炎、急性の湿疹に。



漢方薬を専門に扱う漢方薬局・漢方薬店で相談してみる

一般的なドラッグストアでは、アトピー性皮膚炎に効果があるとされる漢方薬の取り扱いが少なく、自分の症状に合った商品を見つけにくいかもしれません。飲む人の体質や症状のほかに、気温や湿度といった気候や季節によっても適した漢方薬は変わることがあります。

風邪薬や婦人薬などの漢方薬は、一般的なドラッグストアでもある程度の種類が販売されていますが、皮膚炎については極端に少なくなります。

中医学を学んだ専門家が相談に乗ってくれるなど、一般的なドラッグストアとは違うサポートが受けられると思いますので、漢方薬を試してみたいという方は、漢方薬を専門に扱う薬店で相談されてみてはどうでしょうか。

また、アトピー性皮膚炎の症状は、普段の食事の内容が影響しやすく、食生活の見直しが欠かせません。漢方薬を飲むだけで症状が良くなることはないため、食養生のアドバイスもしてくれる薬店がお勧めです。


アトピー性皮膚炎には食養生が欠かせません


ステロイドに関するコンテンツ



ステロイド軟膏を知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る