子どもの下痢の主な原因や注意点。市販の下痢止めについて。


子どもの下痢止め薬

子どもが飲める下痢止め薬について、その種類と注意点について解説しています。今のところ、市販の下痢止め薬で、3歳未満の小児が服用できる商品は非常に少ないです。

乳幼児は下痢の際に脱水症状を起こしやすく、慎重な対応が必要ですので、下痢が続く・熱や嘔吐を伴う・元気がないなど、いつもと違う様子が見られる場合は小児科を受診してください。


子供の下痢止め薬


小児(こども)の下痢について

子どもの下痢についてお子さんが下痢気味(もしくは便秘気味)ということで、ドラッグストアにお薬を買いに来られる親御さんが時々いらっしゃいます。

下痢は、何度かトイレに行ってウンチが出たら自然に治まった・・というのが一般的で、通常は1~2日ほどで治まるんですが、中には慢性的に下痢を起こすお子さんもいます。

お子さんは精神的な影響が体に出やすく、ストレスや緊張で下痢や便秘になるケースは珍しくありません。

また、乳児が離乳食で下痢便になることもよくありますし、普通の風邪などでもお腹がゆるくなりがちです。

そのほかにも、

  • ウイルスや細菌による感染症
  • 食品や薬剤(抗生物質など)に対するアレルギー反応
  • クーラーや寝冷えなどによるお腹の冷え



など、下痢の原因はさまざまです。

小さなお子さんは自分の症状を上手く大人に伝えることが出来ませんので、注意深く観察する必要があります。

下痢の時の食事と水分のページでも書きましたが、子供の下痢で一番気をつけなければならないのは脱水症状です。下痢をしていても、元気があって水分が摂れているならそれほど問題はないんですが、熱や嘔吐があったり、元気がなくぐったりしていたり、水分を飲もうとしない場合は、すぐに小児科を受診してください。

下痢で食欲がないからと、心配して栄養ドリンクを飲ませようとする親御さんもいらっしゃいますが、栄養ドリンクを飲むことで、逆にお腹に負担になることもありますので、イオン飲料などの水分を摂らせて様子をみましょう。






代表的な市販薬

子ども用下痢止め薬

大正下痢止め小児用(大正製薬)

  • 飲ませやすいバナナ味。 生後3ヶ月から服用可能。
    子どもの下痢や軟便に。牛乳アレルギーのある人は服用できません。

ストッパEX小中学生用(ライオン)

  • 水なしでどこでも飲めます。 5歳から服用可能。
    ロートエキスが腸の異常収縮を抑え、腸内での便の移行スピードを抑えます。 タンニン酸ベルベリンが腸粘膜の炎症を抑えるとともに下痢の原因菌を殺菌します。

ビオフェルミン止瀉薬(武田薬品)

  • 生薬に乳酸菌を配合した下痢止めです。
    腹痛をともなう下痢に。5歳から服用可能。
    のみやすい細粒。スティック包装で、出勤時や旅行時の携帯にも便利です。

エクトール赤玉(第一三共ヘルスケア)

  • 5つの成分が下痢・食あたりに効果を発揮します。
    暴飲暴食、冷え、ストレス等の様々な原因で起こる下痢に有効です。
    3歳のお子様からお使いいただける、のみやすい小粒の錠剤です。

市販の下痢止め薬に関するコンテンツ



下痢について知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る