切れ痔手術中の体験や、手術の直前直後を完全大公開


切れ痔手術の当日の記録を全公開!!痔の手術は怖い?痛い?・・・実際問題はどう?

まず、朝一発目、浣腸をされます

夜が明けて、「検温の時間です」というコールに起こされて、手術当日になりました。怖いとかはもうなくて、完全にもう諦めてます。痔の手術前日のページに書いた手順を淡々とこなすだけです。

痔の手術当日の夜明け


検温とともに、浣腸を持ったナースが来まして、またもや浣腸をされました。私は下剤の類が非常に効く体質のようで、浣腸されると一発で便意を催し、待つことなくジャーっと排便しました。

9時になると、点滴をされました。わたくし、点滴は初体験だったので、点滴されるのも怖かったです。点滴って、やられると一発で「病人になった気分」になりますね・涙。

痔の手術前に、点滴


順番に呼ばれますので。今日は3人、手術がありまして、2番目になりますよ」と教えてくれました。前の人がどの程度の時間を要するのかは、やってみなければ分からないとの事で、もうジリジリとした感覚というのか感情で、ただひたすら待ちました。



痔の手術で、毛は剃られない(剃毛無し)

そういえば、の手術をするときには、肛門周辺の毛が邪魔になるので、剃毛されるとネットで読んだ事があります。これは恥ずかしいの一言なので、心配しておりました。

しかしながら、私が手術をした所沢肛門病院では、全く毛を剃られることはありませんでした。病院によって毛を剃るか剃らないかの方針は、異なるのでしょうか。あるいは切れ痔、いぼ痔、痔ろうの種類によって異なるのか、これは看護師にも質問しなかったので、真相は分かりません。



手術室まで、歩いていく。そして手術室に入った瞬間が、緊張MAXだ!!

9時45分、ナースがやってきました。「ついに来たか」、歩いて手術室までナースに付き添われて行きます。6人部屋の目の前に手術室があるので、6人部屋の人は緊張した患者の姿を毎日目にしますから、嫌だろうなあと思いながら、手術室に移動しました。

下記は、入院した日に、看護師さんの許可をもらって撮影した、手術室の様子です。入口から奥を撮影しています。手前側に、手術後の患者を移送する担架が見えます。普段は、こんな感じであっけらかんとしているんですね。

所沢肛門病院の痔の手術室と担架

所沢肛門病院の痔の手術室のベッド


手術室に足を踏み入れた瞬間、臭いにやられました(´・ω・`) なんと、レーザーメスで肉を焼いた臭いがするんです!! 担架に乗せられた患者さんがいらっしゃって、この人の肉が削り取られた臭いなんですね。かなりの焦げ臭さです。私はこの匂いを嗅いだ瞬間、己の肉体をレーザーで焼かれる妄想によって、緊張感が最大級になりましたね。

うわ!やだわ~~!」と言いながら、手術台に腰かけさせられました。で、ガウンを脱いでくださいと言われ(あ、ガウン一枚で、下着は一切付けずに行きます)、ほぼフルチン状態に近くなり、背中を丸めるように言われました。



これが、痔の手術中に体験した全てです

まず最初に腰椎麻酔。超絶怖かったが、一切痛み無し

背中を丸める=腰椎麻酔です。手の位置とか背中の丸め方は看護師に指示された通りにしますが、ビビりの私は恐怖でしかないので、「怖いよ~~!痛くやらないでくださいね!」とか、ゴチャゴチャ言ってました。

で、観念して「早く打ってください」とか言っちゃいました・苦笑。今か今かと恐怖で待ち構えていたら、「終わりましたよ」と一言。え???チクリともしなかったんですけど。いつ注射したの??

これにはびっくりで、打たれた本人は全く分からないんですね。しかし、腰椎麻酔と同時に下半身の記憶が無くなると思っていたのに、そんな風にはならないという事も知りました。

あの、麻酔効いてないんですけど」とこわごわ聞くと、「だんだんとお尻が温かくなってきますよ」と言われました。ふ~ん、と思ってたら、ものの1分くらいで、肛門周辺がまずジワリと、そしてお尻全体がジワリジワリと、何と表現して良いのやら、ポカポカ陽気みたいになるんです・笑。

効いてきました」と申し出ると、「では、ベッドにうつぶせになってください」と言われ、全裸になってうつぶせに。すぐさまこんなシートをお尻にかぶせられて、ドクターの到着を待ちます。

この姿勢で、麻酔を打った先生が、私の肛門に何かやりました。私は「ちょっと、痛いんですけど」と言いましたが、先生は相手にしてくれません・苦笑。

この瞬間、超絶恐怖感&緊張感ですね。すぐ隣に先生がいるわけでなくて、麻酔が効いてからドクターを呼ぶんです。「準備できました」と、内線電話で先生を呼び出します。

ドクターが来るまでの数分間、私は麻酔が本当に効いているのか信じられなくて、「すいません、足を動かせるんですけど、これで本当に効いているんですかね??」と質問。

「あ、大丈夫ですよ」と言われるのですが、どうしても信じられないので、「私のお尻を強くつねってください」とお願いしてみました。「はい、つねりましたよ、痛くないでしょ?」と言われて、「思いっきりつねって!」とお願いして、もう一回やってもらうという念の入れようでした。どんだけビビりなのか。。



ドクターによる手術開始、触られている感じだけはあるが、肛門は痛くない

切れ痔の根治手術のやり方さて、ドクターが到着しました。埼玉県医師会の会長、金井先生です。50代くらいの、一番脂がのっている先生が一番信頼できると思っているので、先生を見て、なんだかホッとするという。

でもやはり、手術に取り掛かると、怖い以外の何ものでもありません。「先生!怖いです!ひたすら怖いです!」とか、もうどうでもいいことを何度も言いました。

金井先生は、「大丈夫だよ、すぐ終わるよ、うんうん、痛くないからね、これは痛くないと思うよ~~」と、非常に普通な応対をしてくれて、かなりメンタルが助かりました。

これが高圧的な先生だったら、緊張感が解けなくて、かなり精神的にしんどかったと思います。

電気メスでジュワジュワやられ始めると「ね?痛くないでしょ?」とか言ってました。「痛くないけど、感触だけはあるんだよね」とか言ってましたね。

それにしてもうつぶせになって、肛門を開かれて何やらやられていても、全く何がどうなっているのか分かりません。だから余計に怖いんですよね。レーザーメスの音と、それよりも大きな、シュッシュッというスプレーのような音が、よく聞こえます。

これは何の音なんでしょうかね? 自分的には水でも吹きかけられているような感じでした。あくまで勝手なイメージですが、出血してくる血液を水か空気か何かで、除去しているんじゃないかと思いました。

あ、切れ痔の根治手術をどのようにやるかは、右の図をご覧ください。平田肛門科さんから図を拝借しています。何度見ても、これは難しくてよく分かりません。が、こんな事をやらてていたとは。



ドクターの携帯電話が鳴り、私はしばし、肛門を開いたまま放置されるという

と、その時です。プルルルルル~~っと、携帯電話の着信音が。ずいぶん長く呼び出し音が続きます。なんだろうなあと思っていたら、おもむろにドクターが手術室から退出しました。で、「もしもし!」と携帯(あるいはスマホなのか、そこは見えなかったので分からん)で会話を始めるではありませんか!

僕は手術台にうつぶせのまま、肛門を開いたまま残されます。・・・・「あの~~、手術中でも携帯に出ることってできるんですね。もしかして野村證券から、株が下がってるけどどうしましょうかって電話じゃないでしょうね??」と言ってみたら、ナース大爆笑。(実際株価の暴落中だった)

もう一人そばにいた医師と思しき人が慌てて、「先生は大変忙しい方なんですよ」と釈明がありました・笑。いいんです、どんな用事なのかは。とにかく緊張を解きたいだけで・苦笑。



肛門は痛くないが、大腸が痛い

数分して、先生が戻ってきました。手術再開です。シュッシュッとやられるたびに、なんだかお腹が痛くなってきました。どうやら大腸がグルグルと動き出したのか、下痢をした時のお腹の痛さと同じ種類の痛さです。う~痛い・・・。

でもこの痛さは、耐えられない部類の痛さではないので、ただひたすら我慢していました。一度経験した類の痛さは、耐えられるものですね。ただし、この手術はいったいいつまで続くのか分かりませんから、耐えられたとしても気楽な気持ちになる事はありませんでした。

後日、痔の手術を受けた患者さんの中で、女性患者の一人が、「お腹が痛くなって、我慢できなくて大変でした」とおっしゃっていたので、僕だけじゃないんだと思いました。



患部摘出完了、私の痔の所有権は、私に有るのではないのか??

金井先生の熟練した手さばきにより、感覚値で正味20分ほどで手術が終わったと思います。うつ伏せの体勢の私に、摘出した患部を見せてくださいました。

それは、長さ3センチくらい直径にして1センチ未満くらいの、長細い姿でした。特に目を引いたのが、さすが切れ痔というだけあって、パックリと切れた「切れ痔本体」の部分でしたね。見た瞬間、こんなにも裂けていたら痛いに決まってるよな、という感想でした。切れ痔の潰瘍部分につながる、いぼ痔と思われる部分も、なんともグロテスクな色合いをしていましたね。

で、先生に対して、「すみません、それ、ホルマリン漬けにしてもらう事が出来ると聞いていたんですけど」と申し出たところ、先生、「いやいやダメだよ、こんなのは差し上げるわけにはいかない」との事。

いやいや、うち、親父も痔の手術しているんですよ。これ遺伝だと思うので、持ち帰って子供たちに説明したいと思うんです」と食い下がりましたが、「それはダメだね~~~」と、あっさりといなされてしまいました・苦笑。

ま、そんな事申し出る奴はほとんどいないと思いますし、余計な事して予期せぬトラブルを起こしてはいけませんし、先生に迷惑かけるわけにいきませんので、仕方なく引き下がりました。

それにしても、私の体の一部ですから、これって、所有権は誰に有るんですかね??? 純粋に、白黒させたいと思ったりなんかします、いまだに・苦笑。法律関係者のアドバイススを乞う!!



無事手術完了、大人用おむつを履かされて、担架で病室まで運ばれる

さてさて患部をじっくりと見せられ、再び作業はドクターからナースに移ります。処置が終わった私に紙おむつを履かせて、ガウンを着せてて、さらには手術台から担架に「よっこいしょ」と乗せてくれます。私は軽量だから良いものの、体重が重い人を乗せるのは、超重労働だと思います。

痔の手術が終わると、大人用おむつを履かされる
(おむつ、これは病室に戻ってきた直後に撮影)


担架に乗っかると、直ちに病室に向け移動。これも初体験で、これは子供にでも帰った気分になる、面白い体験でした。2人の看護婦さんが前後に付いて、車輪の付いた担架と言えども動かすのは一苦労あるのか、キレイめなナースの少々荒い鼻息が、私の顔面を直撃するんですよね。なんだか得した気分になって・笑、気持ちよく病室に移動しました。

病室に入ると、またもやベッドにゴロンとさせられます。看護師さんは天使だとは聞いていましたが、全ての看護師、年齢や容姿の関係は無く、全て本当に天使に見えました。

あとは、「何かあったらナースコールしてくださいね」と親切に言われて、そんなこと言われると何もなくてもナースコールしたいなと思いながらも、痔の手術が終わったのでした。部屋に戻ると、ちょうど1時間くらいでした。



  


手術後、麻酔が切れて、果たして痛かったのか??

手術後は、腰椎麻酔の副作用を避けて、ひたすら枕無しで横たわる

手術が終わると、もう何もやる事は無くて、安静にベッドに寝ていてくださいという状態になります。腰椎麻酔の副作用を避けるため、理由は全く分かりませんが、枕無しで、3時間だか4時間だか、ひたすら横になるだけです

痔の手術直後から就寝までのスケジュール


体勢は右を向いても左を向いても、楽なようにしていて良いという事ですけど、怖くてそんなに自由にはできません。途中、出血していないか確認するナースが、2回来たように思います。



麻酔が切れてきた・・・痛いのか?????

ひたすらベッドに横たわる事4時間くらい、いよいよ麻酔が切れてきたのが分かります。多少、変な感覚は残っていますが、太ももをつねると、痛いです。これは明らかに麻酔の効力が無くなっている。

果たして、4時間くらい経過すると、肛門の感覚がずいぶん戻ってきているのが分かりました。と同時に、肛門が異様に熱く感じられました。「あ、これは麻酔が切れたな」と思うものの、なぜか痛みは襲ってきません。手術中、これは痛くないねと言った医師の言葉が思い出されます。

先ほどの平田肛門科のホームページを見ると、切れ痔の手術の場合は切開したところを移動した皮膚で覆うために、「痛くない」と書いてありましたが、まさにそういう事なのかもしれません。

麻酔が切れるくらいのタイミングで、痛み止めの薬を摂取するのが許されます。空腹時に痛み止めを飲んで良いのかという疑問はそっちのけで、やはり痛くなるのは怖いので、直ちに痛み止めを飲みました。

なお、手術直後に、動画で感想を記録していますので、参考までにお聞きください。


初回のトイレは、ナースコールで

さて夕方6時になり、おしっこを我慢していたこともあり、ナースコールして、看護師を呼びました。トイレに行きたいと言いうと、普通に起きて、トイレに行っても良いとの事で、そうしました。

初回のみ看護師を呼ぶのは、まだ麻酔が完全に切れていなくて、ふらついて転倒するのを防ぐためのようです。たしかにお年寄りとか、危ないですものね。

でも、1人用個室のトイレのドアを閉めて、すぐドアの外にナースがいる状況でおしっこするのは、妙な気分でした。尿意があるのに、壁一枚隔てたところにナースがいると思うと、出にくいんですよね・笑。

あ、たしかこのタイミングくらいに、おむつを外してもらったような気がします。あるいはこの次のうんちのタイミングで自分で外したのか、・・・もう忘れちゃったな。




就寝後、深夜にウンコしました

おしっこも無事終わり、二度目の痛み止めも飲み、「どうしてこんなに平気なんだろう」と思っていたところ、就寝後の深夜に、便意が襲ってきました。これには、恐れおののきましたね。いくら何でも早すぎるだろと。

これは下剤の影響が、まだ強く残っているとしか思えません。固形物を摂取していないので、硬い便が出るとは思いませんが、それでも手術当日のうんちです。超ビビりました。

我慢するのは非常によろしくないと思い、10分くらい悩んだ末、意を決して個室内にあるトイレに入ります。絶対にいきんではいけないと心に言い聞かせて、・・・・でました。ほとんど下痢のやつが、ちょろっと。恐怖とともに便器を覗くと、特に何も出血とかありませんでした。

まずはホッとして、次、ウォシュレットです。これがまた恐怖で・笑。気合を入れて、最も弱くしてスプレー開始。肛門にダイレクトに来るとやばいので、ちょっと尻をひねって、尻の肉に当てて、少しずつ腰をひねって、肛門を噴水に少しずつ当てていきました。

驚いたことに、全く痛くもなく沁みることもありませんでした。大いにホッとして、ティッシュで水滴だけふき取るのではなくてそっと吸収させて、パンツにガーゼを当てて、ウンチおしまいです。もうこれで心底ホッとしました。



結局痛みは襲ってこずに、睡眠薬を飲んで就寝

結局、この日は痔の手術の痛みは、全く襲ってきませんでした。こんな事って、あるんですかね? あ、消灯は9時。看護婦さんが来てくれて、痛くないか確認してくれました。病院でも睡眠薬を用意してくれていますが、僕は持参した睡眠薬が有るので、それを飲みました。

今日は自分でもあり得ないくらい緊張して、そして予想外のウンコも終わって、痛くもないと分かって、緊張の糸が切れたようです。深夜のウンコが終わってから、完全熟睡に入りました。

この後の入院生活がどうだったのかは、以下のコンテンツより、ご興味あるところを確認いただければと思います。

切れ痔&いぼ痔のダブル手術をした体験談と、入院の全記録はこちらから


こちらも併せて読みたい
 ・川口肛門胃腸クリニックの院内を全て見せてもらった (2016年7月28日更新)
 ・普段は聞けない、痔の診察についての話し~触診や肛門鏡を使った視診~
 ・今どきの痔の手術は痛くない~麻酔の方が痛いかも~

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る