とても種類の多い頭痛薬や風邪薬。症状に合わせたお薬選びをサポートします。


市販薬の頭痛薬・風邪薬・咳止め薬・鼻炎薬

頭痛薬(痛み止め)や風邪薬は、ドラッグストアで最も売れるカテゴリです。アイテム数ももっとも多いため、風邪をひいた時や頭痛が辛い時にお薬を買いに行って、あまりのアイテムの多さにどれを買えばいいのか分からず悩んだ経験がある人は多いのではないでしょうか?

市販薬の役割は症状を緩和することで、病気を根本的に治療することではありません。

つまり、風邪そのものを治すのではなく、熱や頭痛、咳・鼻づまりなどの症状を和らげる目的で飲みます。発熱は、体に侵入したウィルスや細菌をやっつけるための生体防御システムですし、咳も異物を体の外へ出そうとする反応ですから、むやみに止めない方が良いと言われています。

しかし、高熱や長引く咳は体力を消耗しますし、睡眠を妨げたり食欲を低下させたりすることで、抵抗力が低下してしまうこともありますね。お薬はなるべく飲まない方が良いのですが、辛い時には市販薬で症状を抑えてあげることも風邪を早く治すために必要な時もあるように思います。

市販の風邪薬・頭痛薬について



慢性的に続く症状は、専門医の受診が基本

通常の風邪は、1週間ほどで完治すると言われています。市販の風邪薬を飲んで1週間ほど経過しても症状が改善しない場合は、漫然と市販薬を飲み続けるのではなく医療機関を受診してくださいね。

また、生理痛や頭痛など、日頃から慢性的に症状が見られる場合も、異常がないかどうか専門医に診断してもらうことが大事です。

上述したように、市販薬は病気を根本的に治すものではありませんし、長く飲み続けることで副作用も起こりやすくなります。

頭痛薬や総合風邪薬、咳止め薬・鼻炎薬などは、配合されている成分がカブっている(重複)しているものが多いですし、持病に影響を与えるものもありますので、気になる時は薬剤師や登録販売者に相談の上、ご購入ください。



症状別に見る

  • 総合風邪薬の詳細はこちら

    総合風邪薬

    アイテム数が多いだけに選ぶのが難しい総合風邪薬をブランド別、症状別など分かりやすくまとめています。風邪薬を選ぶ時の注意点やそれぞれの商品の特徴などについて解説。

  • 頭痛薬の詳細はこちら

    頭痛薬

    各メーカーから発売されている頭痛薬を、そのシリーズごとにご紹介しています。成分の違いや注意すべき点なども分かりやすくまとめました。

  • 咳止め薬の詳細はこちら

    咳止め薬

    咳止め薬の種類と、咳のタイプ別に適した成分や商品を解説しています。市販の咳止め薬を飲んではいけないケースや、気になる副作用についてもまとめています。

  • 鼻づまりの薬の詳細はこちら

    鼻づまり

    春先の花粉症だけでなく、ハウスダスト等によるアレルギー性鼻炎など、鼻づまりはツラいですよね。鼻づまりが起こるメカニズムや、症状を改善してくれる飲み薬や点鼻薬について解説しています。

  • 片頭痛の薬の詳細はこちら

    片頭痛

    頭痛の中でも少し特殊な片頭痛。体質や遺伝による要因もあるようです。片頭痛と一般的な頭痛の違いや対処法、予防法などについて解説しています。

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る