風邪に効く漢方薬の代表的な処方。その種類と特徴をまとめています。


風邪に効く漢方薬

漢方の風邪薬のイメージ漢方薬というと、苦い・効き目が出るのが遅い・効かないというマイナスなイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

漢方薬が得意とする症状と、西洋薬(総合風邪薬など)が得意とする症状というのがあって、確かに漢方薬では効き目が出るまで時間がかかるケースもあります。

しかし、風邪の症状は漢方薬が比較的得意としている分野であるため、飲むタイミングや症状が適合していれば、バシッと効くことも珍しくありません。

風邪に効く漢方薬




漢方薬は症状だけでなく体質も考慮

漢方薬を選ぶ時には、症状はもちろんですが、飲む人の体力の有無も考慮して選ぶようにします。体力のない人が、体力のある人向けの漢方薬を飲むと、余計に体力を消耗してしまったり、効き目が強く出過ぎてしまったりしますので、気をつけましょう。

ここでいう「体力」とは、スタミナのことではなく、病気に対する抵抗力胃腸の丈夫さなどが判断の基準になります。もともと胃が弱い人や、風邪で胃が弱っている時は、ドラッグストアで漢方薬を買う時には、そのことをちゃんと伝えてくださいね。

また、漢方薬を飲むタイミングも大事です。風邪の初期、中期、後期と、それぞれに適した処方がありますので、たとえば風邪の初期に飲む葛根湯や麻黄湯を何日間もずっと飲み続けるのは適した飲み方とは言えません。

こんな風に、選ぶのが少し難しい漢方薬ですので、店頭で薬剤師や登録販売者に相談の上、購入していただくのが一番ではないかと思います。





漢方の風邪薬の代表的な製品

風邪の初期(ひきはじめ)には

葛根湯が漢方の風邪薬だということは、多くの皆さんがご存じだと思いますが、特に、背中がゾクゾクするような寒気や首・肩のコリなど、風邪のひきはじめに良く効きます。

※葛根湯や麻黄湯は、体力のある人向けの処方となっています(胃腸の丈夫な人向け)。


体力のある・ないの見分け方として、「」があります

体力のある人は、風邪のひきはじめの悪寒(寒気)がする時には、熱が上がりきるまで汗は出ませんが、体力のない人は熱が上がる前に汗が出てしまい、充分に体温を上げることができません。

熱を上げるには、それなりの体力が必要なんですね。ですから、「汗」は体力のある人かどうかを確認する一つの方法といえます。

最初は寒気がしてブルブル震えていても、熱が上がりきると寒気は治まり、今度は熱を下げるために汗が出てきます。そうなってくると、もう葛根湯の出番は終わりということになります。葛根湯は熱を上げるお手伝いをするお薬ですので、何日間もずっと飲み続けると逆に体力を消耗してしまいます。飲むタイミングが大事ですね。

クラシエ葛根湯エキス顆粒A
  • 1日3回服用タイプ。
  • 風邪の初期で寒気や首・肩のコリがある時に。
  • 4歳から服用可能。

葛根湯については、こちらのページでまとめてご紹介しています。


ツムラ麻黄湯エキス顆粒
  • 1日2回服用タイプ。
  • 風邪の初期で、寒気・発熱・節々の痛みがある時に。
  • 2歳から服用可能。

麻黄湯については、こちらのページでまとめてご紹介しています。


ツムラ漢方 桂枝湯
  • 体力が低下している時の風邪に。
  • 風邪の初期で、寒気・頭痛・熱・汗が自然に滲み出るなどの症状がある時に。
  • 2歳から服用可能。



風邪の中期~後期にかけて

風邪の中期から後期で、腹痛を伴い、頭痛や悪寒・吐き気などがある時に。胃腸炎など、いわゆる「お腹にくる風邪」に効果があります。

ただし、お水を飲んでも吐いてしまうような状態では、お薬を飲むことができませんので、嘔吐が続く場合は、病院を受診してください。高熱が出たり、急激に症状が悪化する時も同じです。

クラシエ柴胡桂枝湯エキス顆粒A
  • 1日3回服用タイプ。
  • 4歳から服用可能。

柴胡桂枝湯については、こちらのページでまとめてご紹介しています。

代表的な総合風邪薬の種類と特徴


総合風邪薬を知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る