市販薬の中で頭痛に効果がある製品をご紹介しています。


頭痛に効く漢方薬

一般的な鎮痛薬(アスピリンイブプロフェンなど)は、効き目はシャープなんですが、胃への負担が気になる、薬へのアレルギーがあるなど、西洋薬にはちょっと抵抗がある・・という方もいらっしゃるかもしれません。

症状に対してピンポイントに効くのが西洋薬。

一方、漢方薬は一つの処方でたくさんの病気や症状、慢性的な病気などにも対応することができるのが大きな特徴ですね。

実は、漢方薬の中にも頭痛に効果がある処方がありますので、市販されている商品をいくつか例にあげて解説したいと思います。

葛根湯

風邪のひき始めに飲む漢方の風邪薬として有名な「葛根湯」ですが、首や肩のこわばりや頭痛にもよく効きます。

ただし、葛根湯は身体を温める作用や発汗作用がありますから、汗がよく出ている時や身体に熱がこもっている状態の時には適していません。

冷え性気味の方で、普段から肩こりや頭痛が起きやすい方におススメ。

ツムラ葛根湯(ツムラ)




女性ならではの不調からくる頭痛に

月経前は代謝が落ちて、体がむくんだり脂肪を溜め込んだりするので、倦怠感、頭が重いなどの症状に悩まされた事のある女性は少なくないのではないでしょうか?

月経前になると頭痛が起きる、更年期に入って頭痛が起こるようになったという方は、女性向けの漢方薬を試してみると良いかもしれません。

桂枝茯苓丸料

比較的体力のある方で、月経不順や月経異常、のぼせ、頭重、めまい、肩こり、手足の冷えなどのある方に。

桂皮(シナモン)の香りが心地よく、非常に飲みやすい漢方薬です。

出産や更年期など、女性ホルモンのバランスの変化によって起こる様々な症状に効果を発揮します。

桂枝茯苓丸料(ライオン)


ストレスが要因となって起こる肩や背中のコリに

コリッシュ(大正製薬)


基準外処方「治肩背拘急方(ちけんぱいこうきゅうほう)」を配合したお薬。

ストレスが長く続く事によって起こる、肩や背中のコリを、内側からほぐしていきます。

凝り固まった背中や肩の痛み、神経症気味の方や、ストレスの多い方に。

頭痛薬を知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る