葛根湯の種類。その特徴や選び方をまとめています。


漢方の風邪薬といえば葛根湯(かっこんとう)

葛根湯のイメージ葛根湯が風邪によく効くというのは、今では非常にメジャーな情報ですね。

顆粒(粉薬)、錠剤、液体のドリンク剤と、お薬の形もさまざまですし、たくさんのメーカーから発売されています。

風邪に効く漢方薬のページでも書きましたが、葛根湯に限らず漢方薬は体質を考慮して選んでいきます。

また、風邪をひいてからどれくらい時間が経過しているのか?や、風邪の症状ももちろん選択の際の大きなポイントになります。


葛根湯は風邪の初期にしか効かない?!

葛根湯の効能効果には、下記のような記載があります。

体力中等度以上のものの次の諸症:
感冒の初期汗をかいていないもの)、鼻かぜ、鼻炎、頭痛、肩こり、筋肉痛、手や肩の痛み


風邪のひきはじめで、身体がゾクゾクして寒気がしている。でも、まだ熱は出ていない状態
(汗も出ていない)が、葛根湯を飲む最適なタイミングなんです。

つまり、何となく体がふわふわして頭痛や首こり(肩のこわばり)があって、服を着込んでもやたらと寒くて、体がガタガタと震えてしまうような時。「あれ?もしかして風邪かな?」と思った時に飲むとパシッと効くのが葛根湯。

熱が上がりきってから飲んだり、汗をかいている時に飲むと、体を更に温めてしまうため、身体に余計な負担をかけてしまい、汗が出過ぎたりして体力が消耗してしまうこともあるため、「飲むタイミング」は非常に重要です。

また、葛根湯は体力のある人向けの処方ですので、虚弱体質の方や胃腸が著しく弱い方は服用を避けましょう。同じような症状で風邪の初期であれば、体力のない方向けの処方「桂枝湯」もありますので、こちらのページを参考になさってください。

風邪をひくと体温が上がるのは防御反応

風邪ウィルスが体に侵入すると、ウィルスをやっつけるために体温が上がります。その際、全身の筋肉を収縮させて熱を作り出し、汗を止めて発熱を助けます(汗をかくと熱を奪ってしまうため)。

葛根湯は、体を温める作用があるため、体温が上がるシステムを助けてくれる処方なのですね。そのため、葛根湯を飲む時は出来ればお湯で飲んでいただき、温かいお粥などを食べて、お布団に入って体を温めると、より効果的です。その際は水分をしっかり補給することも忘れないでください。





市販されている代表的な葛根湯

前述したように、葛根湯は風邪のごく初期に飲むお薬ですので、2日も3日も飲むものではないと思います。購入する際は、1日分が入ったドリンクタイプや、少量入りの製品をお勧めします。(※常備薬として購入する場合は別ですが)

ドリンクタイプ(1日分)(商品によって使用できる年齢が違います)

製品によって、1日2回服用と3回服用タイプがありますが、効果は同じと考えていただいて良いでしょう。葛根湯は液体が一番お勧めです。できれば少し温めて飲んでもらうと良いですね。

カコナール2
  • 食前・食間に服用してください。
  • 15歳未満は服用できません。

カコナール
  • 食前・食間に服用してください。
  • 15歳未満は服用できません。

カコナール2 はちみつジンジャーフレーバー
  • 漢方薬の味が苦手な人に。
  • 食前・食間に服用してください。
  • 15歳未満は服用できません。

ルルかぜ内服液(葛根湯エキス製剤)
  • 風邪の初期で、寒気と首肩のこわばりがある時に。
  • 15歳未満は服用できません。

ストナ葛根湯2
  • 風邪の初期で、寒気と首肩のこわばりがある時に。
  • 15歳未満は服用できません。



顆粒タイプの葛根湯

1回分ずつ分包されていますので、携帯に便利であることと、サッとお水で飲むことができるため、漢方薬の味が苦手な方には顆粒タイプがお勧め。冷たい水ではなく、お湯で飲むと良いです。

こちらも、1日2回服用と3回服用タイプがあります。お子さんが服用できるのも、顆粒タイプの特徴です(使用年齢は商品によって違います)。

クラシエ葛根湯エキス顆粒A
  • 1日3回服用タイプ。
  • 風邪の初期で寒気や首・肩のコリがある時に。
  • 4歳から服用可能。

ツムラ葛根湯エキス顆粒A
  • 1日2回服用タイプ。
  • 風邪の初期で寒気や首・肩のコリがある時に。
  • 2歳から服用可能。

カコナール2 葛根湯顆粒(満量処方)
  • 満量処方。顆粒ですがお湯に溶かして飲むこともできます。
  • 2歳から服用可能。

カコナール2 V顆粒
  • 葛根湯にビタミンCを加えました。
  • 葛根湯の満量処方になっています。
  • 15歳未満は服用できません。



錠剤の葛根湯

漢方薬の味が苦手で、苦味を少しも感じたくない人向け。溶けるまで時間がかかるので、液体や顆粒に比べると胃への負担が大きくなります。個人的にはあまりお勧めではありません。

ツムラ葛根湯エキス錠)
  • 風邪の初期で、寒気と首肩のこわばりがある時に。
  • 1日3回服用。
  • 5歳から服用可能。

代表的な総合風邪薬の種類と特徴


総合風邪薬を知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る