気になる妊娠中や授乳中の湿布薬の使用について。注意点をまとめました。


妊婦・授乳中の湿布

妊娠中のお薬について

妊娠中のあらゆるお薬の使用については、基本的に産科の主治医に相談することをお勧めします。妊娠中は大きなお腹を支えるために身体に大きな負担がかかります。結果、腰痛や足の痛み、しびれといった症状が出ることがありますし、「夜中によく脚がつる」など妊婦さん特有の症状が出ることもあります。

妊娠中にも使用できる湿布薬はあるのですが、ホルモンの変化によって、お肌が敏感になり、湿布にかぶれやすくなるといった変化が現れることもあります。

自己判断で市販薬を使用するのではなく、産科の医師に相談して使用した方が安心ですので、妊婦健診の時などに医師に相談すると良いと思います。

妊娠中の湿布薬は産科に相談

   

授乳中の湿布薬について

授乳、沐浴、抱っこなど、どれもお母さんに負担のかかる姿勢になってしまうこと多いですね。小さな赤ちゃんでも、ずっと抱っこしていると腕や肩、腰に大きな負担がかかります。しかも、日に日に大きくなりますから、その負担は増すばかりで・・、腱鞘炎になってしまったり、腰痛や肩こりに悩まされるお母さんも多いのではないでしょうか?





長時間の抱っこによる腕や手首の痛みや、無理な姿勢が続くために起こる腰痛には、市販の湿布薬などで一時的に対応することはできますが、根本的な解決にはならないので、出来るだけ体に負担がかからないよう工夫しましょう。





一部の湿布薬(のびのびサロンシップSや、パテックス うすぴたシップなど)は、授乳中の方への制限はないので、使用することは可能です。

消炎鎮痛成分が配合されている製品(フェイタスバンテリンなど)も、「使用上の注意」を読むと、授乳中の使用制限は記載されていませんが、薬剤師や登録販売者に相談してから購入することをお勧めします。

また、産後しばらくはホルモンの変化や出産による体力の低下などによって、お肌が敏感になっていることがあります。湿布薬による「かぶれ」には充分注意しましょう。また、授乳中であるかどうかにかかわらず、湿布薬を長期間使用することはお勧めできません。

胃のムカつきなど、副作用が現れることがありますので、安易に使用し続けるのではなく、痛みが続く場合は、医療機関を受診してください。

   

授乳中のお薬の疑問に答えてくれる公的機関

授乳中のお薬の使用については、こちらのページで専門機関の相談窓口をご紹介しています。お薬の服用に関する疑問に、電話やメールで答えてくれる窓口です。

湿布薬に関するコンテンツ



湿布薬を知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る