痔の手術前日の入院先での記録&必要なものなど


前日のお昼過ぎに病院に行って、あとは病室に入って下剤、診察、浣腸!

所沢肛門病院の1人用個室に入院

さて、手術前の検査を終えて、2016年2月4日、いよいよ所沢肛門病院に入院しました。私は入院は絶対に個室がいいという思いが強い人間なので、一人用の個室を選びました。当然、差額ベッド代がかかります。通常は6人部屋になります。




一人用及び二人用の個室は、たいがいは空室があるようです。それに対して、6人部屋の一般病室は、タイミングによっては空きがない事も、時折あるようでした。




手術室の写真とか、あとは入院費用については、別のページに記載します。特に費用について1ページ作って、具体的にどのくらいかかるのか、お知らせしたいと思います。



入院当日の診察と、入院診療計画書

受付に行って入院手続きを取って待合室で待っていると、ナースが私を病棟に案内しに来ました。連れられて部屋に行き、手術前日と当日の流れを説明してくれます。

本来は説明だけですが、「最近はお年を召した方が入院されるケースが多くなったので、忘れないように説明書きもあります」との事で、下記のような説明書きを持ってきてもらいました。年寄りでなくても、これ、忘れちゃいますね・笑。

痔の手術前日及び当日の流れ


12時半くらいに入院しますので、午後2時に下剤を飲み始めるまで、すぐです。部屋にいると、看護師がこの下剤を持ってきてくれます。大腸内視鏡検査の時に飲んだ、しょっぱくて不味いポカリスエットです。

痔の手術前日に飲んだ下剤


根性で飲み干すと、一気にお腹がグルグル来ます。すぐに徹底的にお腹のものを出し切るくらいの、ちょうど何とも言えないタイミングで、診察に呼ばれました。

診察は、初診の時と同じで、触診と肛門鏡によるチェックです。分かっちゃいるけど患部を触られてグリグリされる感じなので、痛いです。そして入院診療計画書を渡され、サインすることになります。「何かご質問はありませんか?」と聞かれて、切れ痔の手術の具体的な方法を聞いてみましたが、全くイメージできない世界なので、聞いても分かりませんでした・笑。まあ、いっかと。



夕方に、とどめの浣腸

下剤ですっかりお腹の中が空っぽのような気がするのですが、念には念を入れて、夕方には浣腸をやられます。私、便秘で苦しんだことが無いので、浣腸は初体験です・笑。

あれって、肛門というのか直腸というのか、中に液体が入る瞬間って、ヒヤ~~っと冷たいんですね。初めて知った。気持ちいいもんではありません。当然痔なので、浣腸される瞬間は痛いです。なので、「ちゃんとクリーム塗ってくださいよ」とナースに念押しして、痛みを減らしてやってもらいました。

人によっては恥ずかしさMAXな瞬間かもしれませんが・笑、今回も私は、そんなことは感じなかったですね。ただただ、ここから逃げたいと思うだけで。明日、手術ですし。。。



前日の、入院の病室の様子

痔の入院の際に必要なものリスト

やっぱり一人用の個室病棟は、かなりいいです。基本的に、なんでもオッケーです。下記はベッドになりますが、うちの妻の下にあるのが、抱き枕と分厚い座布団です。何かと使うような気がして持ってきました。

抱き枕はかなり便利でした。手術後は体勢を動かしにくくなり、寝てても疲れるので、これがあるとけっこう楽になりましたね。

所沢肛門病院の病室にて、持ち込んだ抱っこ枕


あと、私はPCで仕事しているので、当然下記のように。延長ケーブルも1本持ってきて、モバイルWiFiも持ってきました。ちなみに病室でコンセントを使う場合は、1入院につき500円の追加料金です。下記の写真は、下剤を飲む前に撮影したものですね・笑。

痔の手術で入院した病室に、パソコンを持ち込み


それ以外に持ち込んだのは、以下の通りです。

・自宅で使っているねまき・パンツ10枚(下着が汚れるとの事で) ・シャツなど数枚 
・バスタオル ・ハンドタオル ・箱のティッシュ ・退院時に着るもの ・入院のしおり
・見ようと思っていたDVD全巻セット ・見ようと思っていた漫画全巻セット 
・毛布(寒くて翌日持ち込み)



上記以外では、筆記用具があると良いと思います。私は持ってこなくて、ナースの説明を聞いても覚えられないので、何か書き留めておくべきだと思いました。それに、入院のしおりに体温とか大便や小便の回数を書くときに、必要です。持ってこなかったので、ナースに借りました。

毛布は、有っても無くても良いと思いますが、個室病棟だけなのか、エアコンをつけると風が直接当たるので、寒いんですよ。ですので手術前日の夜に妻に電話して、翌日持ってきてもらいました。

あ、以前に購入してまだ読んでいなかった、干物妹うまるちゃんの全巻セットを持ち込んで、読んだりしました。DVDセットなども持ち込みましたね。漫画のほうが横になると、はるかに読みやすいので、本や漫画を持ち込んでのんびりすると良いでしょう。

干物妹うまるちゃん全巻セットを入院中に読破



個室の良い点、悪い点

今回個室に入院して感じた、個室のメリットデメリットです。まず、私は内向的な性格なので、6人部屋で1週間も知らない人とワイワイガヤガヤやるのは無理という事で、個室にしました。でも個室は話し相手がいないので、外交的な性格の人は、絶対に退屈します。性格によって部屋を選ぶのも、アリだと思います。

それから私はPCが仕事道具なので、朝夜関係なくカチャカチャやるには個室しかありません。ただし、痛みのなかった私でさえも、入院時はPCでヘビーな業務などとてもできませんでした。体力の塊のような人が部屋で仕事をやるのであれば、個室が望ましいですね。

そんなことより、個室の最大のメリットは2つあります。

1点目は、部屋にユニットバスがある事。いちいちトイレに行ったり、風呂場に行く必要が無いのは、とんでもなく便利です。今回は肛門の病気ですから、術後のトイレは最大の敵だと言えます。その時に、部屋で数歩歩いたらすぐにトイレがあるのは、高いお金を出す価値ありです。

それから、やはり手術後の事なのですが、おならをするのに他人を気にしなくて良いという点は、馬鹿にできません。というのも、肛門を手術すると、おならを我慢しにくいのです。少しでも肛門に負担をかけないようにするには、出そうになったら自然に力まずに出すしかありません。

そんな時、6人部屋だったら、躊躇してしまいますよね。シャイな性格なら、とても恥ずかしくて人前で屁などできないかもしれません。これが、個室ならば好きなようにできる。これも個室の大きなメリットです。



前日の夕食は、これでした

さて、手術前日、流動食があるとの事で、果たしてどんなものが出てくるのか楽しみでもあり、怖くもありましたが、結果は下記のようなものが出てきました。

痔の手術前日の「流動食」


一切具の入っていないみそ汁と、リンゴジュースと、お茶です。もう、淡々と飲むしかありません。何の感情も湧きませんでした・笑。任務だと思って、飲み切りました。午後に下剤を飲み、浣腸までされると、お腹がずっとギュルギュルしていてとても飲む気はしないのですけど、出されたものは薬だと思って飲む。



睡眠薬を飲み、完全熟睡

消灯まで音楽を聴いてましたけど、そろそろ寝ないとな、という事で、睡眠薬を飲んで、グッスリ寝ました。この睡眠薬は、私が旅先で寝れない時用に処方してもらっているものです。希望すれば、病院でいただけますので、ナースに言ってみてください。

術後は肛門が痛む人もいらっしゃるので、ナースのほうから「睡眠薬は大丈夫ですか?」と聞いてきたりします。一切遠慮せず、もらえるものはもらって、熟睡するが勝ちです。




あ、上記は、私の大好きな置物のフクロウです。退院直後、ナースが、「なんだかおめでたいですね」とか言ってました・笑。こういうような、自分がリラックスできる一品を持ち込むと、入院生活もより快適になるのではないかと思います。

切れ痔&いぼ痔のダブル手術をした体験談と、入院の全記録はこちらから


こちらも併せて読みたい
 ・川口肛門胃腸クリニックの院内を全て見せてもらった (2016年7月28日更新)
 ・普段は聞けない、痔の診察についての話し~触診や肛門鏡を使った視診~
 ・今どきの痔の手術は痛くない~麻酔の方が痛いかも~

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る