痔の手術後に、多くの人が心配に感じることを全てまとめてみた


痔の手術後・心配な事総まとめ

手術後だけでなくて、手術中、手術前、入院時の食事などについてはこちら

※このページでは手術後の、心配事に関してのページです。本ページを補完する内容として、下記のそれぞれのページも、どうぞ参考にしていただければと思います。

 ⇒痔の手術前の検査は痛い?苦しい?
 ⇒痔の手術前日、入院先にて
 ⇒切れ痔手術中の体験を完全公開
 ⇒所沢肛門病院の食事・全記録
 ⇒痔の入院期間における全記録


手術直後の感想については、切れ痔手術中の体験を完全公開のページで、手術翌日の感想については、痔の入院期間における全記録のページにて、動画(音声)で解説しています。



痔の手術後、出血はどの程度か?

まず、上記のページの痔の入院期間における全記録に、手術翌日のガーゼを掲載していますので、どの程度の出血量かご覧ください(別にエグイ写真ではないです)

手術当日は、紙おむつを履かされて、1時間か2時間ごとくらいに看護婦さんが来て、出血があるかどうか確認してくれます。出血と言っても患部を切っているから、多少は出ます。それがたくさん出ていると問題なだけで、多少出るのは全く問題ではありません。(血が出ることで患部が自然と止血されていくのです)

私の場合は、ガーゼに血が付くのは4日目くらいにはなくなりました。ただし完全になくなるのではなくて、患部からの体液の流出とともに、非常にうっすらと血がにじむ状態が、約1か月強、続きました。(下記は退院後1週間経過後の、ガーゼに付着する体液と血液の様子)

痔の手術後、ガーゼに付いた体液


人によっては、便秘がちな人は、ウンチをするときに出血することがあるようです。その場合でも、しばらくすれば自然と出血は止まりますので、大丈夫です。よほど気になった時は、ウンチをした後にトイレからナースコールして、見てもらうと良いです。

私の場合、退院後に下痢をした時(後述)に、鮮血が5滴くらいポタポタ垂れて、非常に焦りました。明確に出血したのはこの時だけです。それと、手術後1か月半、特に何もしていないのに、ガーゼに血液が付着したことがあり、この時も不安になりました(鮮血でなくて、固まった後に気が付いたので茶褐色だった)。

ただし、手術後2か月経過して、体液の流出が止まってからは、わずかににじむような血液も、皆無になりました。もう、完治したといっても良いと思います。






痔の手術後のガーゼ交換はどんな感じか?

手術後のおむつを捨てた後は、パンツにガーゼを当てて、1か月前後はガーゼと共に生活します。手術後2週間くらいは、細長いガーゼと10センチ角くらいの長方形のガーゼを2枚重ねて、わずかにお尻に食い込ませる感じで当てて、そのままパンツを履いてズボンを履きます。

その後は長方形の長細いガーゼが無くなったので、正方形のもの1枚で過ごしました。ガーゼの交換は、1日10枚くらいだったですね。体液の流出度合いに応じて、ガーゼを交換すれば良いです。

なお、思ったよりも体液が出ると、当然ながらパンツが汚れます。ですので、勤務中の万が一の時の替えの下着は、常に2,3枚持っていた方が良いですし、人によってはズボンも1着くらい用意しておいても良いでしょう。(この辺りは、生理のある女性の方が、感覚的に分かりやすいかも)

それと、ガーゼは肛門科で処方されるものでないと、体液を吸収しないのでNGです。ドラッグストアでは肛門用のガーゼは売っていないので、使い切ってしまったら病院に行って買いましょう。女性用の生理用ナプキンも使ってみましたが、だんぜん、ガーゼのほうが使いやすいです。

あ、肛門部から体液が出るのですから、普通の体液よりもはるかにウンコ臭いです。使い終わったガーゼを、例えば勤務先のごみ箱に捨てたりすると臭う恐れが大ですから、ガーゼを捨てるためのビニール袋も用意したほうが良いですよ。



手術後の肛門に、腫れはあるのか?・・・違和感ならかなりあった

私は全く腫れに関しては、あるのかないのかよく分かりませんでした。ただし、肛門の違和感が無くなるには、手術後二か月はたっぷりと掛かりました。腫れているから違和感があるのか分かりませんが、とにかく何とも言えない違和感が、常にかなり強く残りました。

もしかしたら、このまま一生続くのか??」と思って、気が滅入ったのも事実です。しかし、二か月過ぎると急速にそれが無くなっていって、99%無くなりましたね。

違和感があると、とにかく椅子に座るのが嫌な気持ちが大です。これがデスクワークだったり、車などを運転する仕事だったら、かなり仕事に差し支えが出るだろうというほどの違和感です。

手術後1週間で退院しますが、僕だったらとてもとても、さらにもう1週間は自宅で待機して痛いほどの違和感でした。痛いというのではなくて、とにかく違和感としか表現できないですね。



手術後の便意が、手術前とは異なるので困惑

私が手術後に困惑したもう1つが、便意が異なる事でしょうか。正確に言うと、便意というよりは、大便途中と、終わった時の肛門の閉まり具合が異なる事です。(これって便意と言うのか??)

具体的には、ウンチをすると、肛門がキュッとしまって、便を排出するじゃないですか。この肛門の締まりが、手術前よりもはるかに強いのです。締まった時の衝撃が脳天に突き抜けるくらい、ドキリとします。私の場合は痛みはほぼゼロだったので、とにかく衝撃だけが走る感じでした。

今までは肛門が、酷い切れ痔による潰瘍状態で、さらに見張りいぼが肛門から突出して、常に肛門に挟まった状態だったので、適切に肛門が閉まらない状態だったのかもしれません。

それが手術によってきれいに取り払われて、普通の人が不通に肛門を締めるような状態になった。数十年間体験していない締まりに、個人的に非常に驚いてしまったというのが実態だと思いますね。

それから、手術後1か月は、ウンチやおならを我慢しにくい状態になります。我慢しようと思ったら出来ますが、肛門に力を入れて我慢するので、負担が増します。便意を感じたら、とにかく直ちに出したほうが良いですね。

ウォシュレットが無いトイレでも、とにかく出しておいて、かるく肛門を拭いて、のちほどウォシュレット付きのトイレを見つけたら、再度トイレに入ってシャワーして下さい。トイレの個室には長い時間をかけて入って、おならも出し切るようにした方が良いと思います。



手術後にコーラックを飲むという失態で、大変な下痢に

退院して2日後、ちょっとうんちを柔らかくして、一度肛門の負担を和らげようと思って、便秘薬を買ってきて飲みました(正確にはスルーラック)。私は便秘症ではないので、本来はこんなものは不要なのですが、多少便が硬かったので、神経質になってしまったんですね。

で、コーラックを飲もうとした時、箱の文字が小さくてよく見えなくて、1錠でよいところを3錠も飲んでしまいまして、その夜から翌日の昼下がりまで、合計10回以上もトイレに行くという、酷い下痢に見舞われました。

痔の患者にとって、便秘と全く同じくらい、下痢は厳禁です。よりによって退院直後、まだ肛門が全く回復していない状態での下痢です。これには恐れおののきました。

最初の方に書いたように、案の定肛門に負担がかかって、鮮血が出血するという事態に。下痢をすると勢いが付きすぎた便が、肛門にダメージを与えますから、とにかく気を付けるようにしましょう。



運動は? アルコールは? 普段の通勤は?

手術後、運動する目安は?

痔の手術後2週間は、運動は厳禁です。痔の場合、患部を完全に縫って塞ぐことをしないので、血液や体液の流出が続きます。術後2週間は間違いなく体液の流出は継続しますので、軽い運動さえも厳禁です。

というか私の場合は、1か月半にわたって体液の流出が続きましたので、とても運動しようという気にはなりませんでしたね。体液が止まった2か月後に、軽いウォーキングを再開しています。体液が止まれば、通常通りの運動をしても問題ないです。

痔の手術後の運動


ただしやはり私の場合、患部を顕著に切除したという事もあり、なんとなく肛門が多少空いている状態なのか、ごくまれに少量、体液が漏れるときもあります(ガーゼに付着しない程度の少量)。ですので、本来の趣味である登山の再開には、まだしばらく様子を見る必要がありそうです。



アルコールの摂取は大丈夫か?

上記同様、手術後2週間は厳禁です。アルコールは血管を拡張する効果があるので、飲むと出血しやすくなるのです。僕の場合は所沢肛門病院の入院のしおりに、3週間過ぎたら軽い飲酒もOKと書いてあったので、ピッタリ3週間後から飲み始めました。

痔の手術後のアルコール


丸々3週間のアルコール断ちは、肝臓が大いに休まったと思いますね。飲酒再開の時の、最初のビールのひと口は、この世のものとは思えないほど美味かったです。4週間後くらいからは、ふだんの飲酒量に戻しました。飲んだ勢いで何か無理な事をしなければ、特に問題は無いと思います。

あ、とはいえ、椅子に座ると違和感を強く感じるので、布団に横になって、お盆にビールやつまみを置いて、ゴロゴロしながらビールを飲みましたよ・笑。変な格好で飲むから、疲れるんだな。そこまでしてビールを飲む必要があるのかと考えるとアホらしいですが、飲みたくなるもので・笑。



手術後の出勤で気を付ける点は?

この点は、通勤時と勤務時間に分けて考える必要があると思います。通勤時は、急な便意を催した時の事を考えて、トイレを利用できる駅を押さえておいた方が良いでしょうね。

それと満員電車に乗った時には、必ずつり革をつかめる位置に乗るようにしましょう。混雑しているとつり革を全くつかめない所で立つハメになります。そうすると電車の揺れに合わせて足を踏ん張る事になり、踏ん張ると肛門に「衝撃」が走ります。とにかく手で、体を支えられる位置に立つのがコツです。

会社のオフィスに着いてからは、ガーゼ交換の注意があるのがまず一点と(ガーゼ交換の項を参照)、あとは座席に座っている場合の円座クッションの利用でしょうか。

下記は所沢肛門病院で購入した、病院が待合室で使用している円座クッション「楽じ郎君」です。通常は円座クッションだとは見た目には分からないカバーがかかっているので、会社ではそのような状態で使ったほうが良いと思います、恥ずかしくないので。

私は肛門の違和感がかなり大きかったので、円座クッションの口座を最大限高めるために、カバーを取り除いて使っていますね。肛門の違和感が無くなった今も、予防的に使っています。

痔のための円座クッションを活用


なお、円座クッションを購入する時は、痔の手術後などに使用する目的のものを買うようにしてください。クッションの硬さなどが微妙に違いが有るので、間違ってもファッションセンターしまむらなどで、安物を買わないほうが良いと思います。

男性の場合は、サイズが大きめのものが有ったら、大きい方を選んでください。小さいサイズだと、椅子に非常に座りにくいので、かえってデスクワークが疲れます。

⇒参考:医療用の円座クッション一覧ページ


ところで、自営業の私は、自宅でパソコンを使ったデスクワークをする時は、時間にして半分くらいは、下記のように布団にゴロンとなって、作業をしていました。将来、寝たきりになっても仕事ができるという、大発見をした思いです・笑。

ただしこのような姿勢は、連続1時間作業を行うと、お尻がしびれます。お尻がしびれる=肛門部分の血液の流れが悪くなっている恐れが大きい事を意味しますから、そうなったら起き上がって、すこし部屋を歩いたりして、下半身を解放してあげましょう。肛門のうっ血は、いぼ痔の原因になります。

机に座らずに布団の中でPC作業



家庭で対策する、手術後の食事について

食事については、所沢肛門病院の食事・全記録で記したとおり、ごく普通の料理を食べるのがまず第一です。それとともに、便秘がちの人は、医師から便を柔らかくする薬を処方してもらって、便秘を防ぐ食材を多く採る事によって、コントロールすると良いです

便秘を防ぐ食事は、誰に聞いても食物繊維が豊富な食材を食べて、水分を多めにとると言われるでしょうが、人によっては食物繊維の摂りすぎで便秘気味になる事も考えられるので、食事の内容と便秘の症状をよくお医者さんに報告して、上手い具合にコントロールする研究をすると良いでしょうね。

逆に軟便が多い人は、やはり食物繊維を摂るしかないですかね・笑。



退院後の、病院での診察について

入院期間中は、診察と言っても目視でチェックするのみでしたが、退院後1週間して病院に行ったら、触診と肛門鏡での検査がありました。

てっきり見るだけだと思って診察室に入ったら、ナースから、「今日は中を見ますからね~~?」と言われて、驚愕しました。「えー!マジですか!嫌だよ~~!怖いっす!!」と、かなりデカい声でワーワー言いました。ナースに呆れられましたが、優しいナースでよかったです。

結果、この回は痛くもなんともなく、おしまいでした。拍子抜け。肛門の違和感が大きい時期だったのですが、経過は良好で何も問題ありません、との事。ホッとしました。

2週間空けて、また通院の日です。痛くもなんともないと思って診察を受けたところ、この時は医者に指でかなり強くグリグリとやられて、大いに痛かったです。肛門鏡の挿入も痛い。「イタタタタ!」と思わず声を出したら、看護婦から、「大きく息を吐いてください」と言われました。

前回痛く無くて今回痛いとなると、何か悪い事でも起きているのかと思ったら、「経過は良好ですね、また2週間後に来てください」との事でした。納得がいかないので、「なんで今回はこんなに痛いんですか?」と質問したら、「肛門が狭くならないように広げたんです、肛門鏡も太いものを入れています」と回答。

僕はもう普通にウンチが出て、排便上はなんら不便も苦痛も感じなくなっていたので、こんな痛い事されるのはもうまっぴら御免だと思って、それからは診察に行っていません。悪い患者ですね・笑。

本来ですと、あと1回か2回行って、その後は半年後にチェックして、それで完治宣言という流れになるのでしょう。最後の部分を、勝手に省略してしまいました・・・。

切れ痔&いぼ痔のダブル手術をした体験談と、入院の全記録はこちらから


こちらも併せて読みたい
 ・川口肛門胃腸クリニックの院内を全て見せてもらった (2016年7月28日更新)
 ・普段は聞けない、痔の診察についての話し~触診や肛門鏡を使った視診~
 ・今どきの痔の手術は痛くない~麻酔の方が痛いかも~

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る