イソプロピルアンチピリン配合の市販の頭痛薬と、成分の特徴を解説しています。


イソプロピルアンチピリンとは?

医療用の薬剤を市販薬に転用した、いわゆるスイッチOTCの一つです。イソプロピルアンチピリンも、アスピリンイブプロフェン同様にプロスタグランジン(痛みを知らせてくれる物質)の産生を抑制します。

もともと医療用医薬品の成分ですから、他の薬剤より比較的強い解熱作用、鎮痛作用を期待できます。また、単独で使用するより、ほかの解熱・鎮痛成分と配合するとより効果を発揮するため、下記の表でもご覧いただけるように、市販の商品でもイブプロフェンアセトアミノフェンなどと一緒に配合されています。




イソプロピルアンチピリンは、ピリン系とよばれる成分で、副作用として発疹 ができることがあります。この発疹をピリン疹と呼んでいます。アレルギー体質の人や、服薬によってアレルギーを起 こしたことのある人は注意が必要です。

市販の鎮痛薬の中では頻繁に売れる商品ではなく、ピリン疹の他に体質によってはめまいなどの症状が出ることもあるため、痛みや熱がある時に最初の選択として選ぶ成分ではないかなと思ってしまいます。市販薬を売る側としても、あまりお勧めしたくない商品とも言えるかもしれません。



イソプロピルアンチピリンの市販薬一覧

痛み止めで使用される有効成分のうち、主としてイソプロピルアンチピリンを使用した痛み止め・解熱剤の一覧です。

商品名及び発売元 1回の飲用で摂取する成分と量
セデスハイ(塩野義製薬)

セデス・ハイのイメージ
イソプロピルアンチピリン150mg
アセトアミノフェン250mg
アリルイソプロピルアセチル尿素60mg
無水カフェイン50mg
セデスハイG(塩野義製薬)

セデス・ハイGのイメージ
イソプロピルアンチピリン150mg
アセトアミノフェン250mg
アリルイソプロピルアセチル尿素60mg
無水カフェイン50mg
サリドンA(第一三共ヘルスケア)

サリドンAのイメージ
イソプロピルアンチピリン150mg
エテンザミド250mg
カフェイン50mg
サリドンWi(第一三共ヘルスケア)

サリドンWiのイメージ
イソプロピルアンチピリン150mg
イブプロフェン50mg
無水カフェイン50mg
セミドン顆粒(全薬工業)

セミドン顆粒のイメージ
イソプロピルアンチピリン150mg
アセトアミノフェン250mg
アリルイソプロピルアセチル尿素60mg
無水カフェイン50mg
カンゾウエキス150mg
リングルAP(佐藤製薬)

リングルAPのイメージ
イソプロピルアンチピリン150mg
エテンザミド250mg
合成ヒドロタルサイト360mg
カフェイン50mg

頭痛薬を知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る