新型インフルエンザの基礎知識と家庭でできる予防対策を分りやすく解説しています。


家庭でできる新型インフルエンザ対策

フェーズ6にまで引き上げられた2009年の新型インフルエンザ

まだ記憶に新しい2009年の新型インフルエンザ騒動は、記憶に残っている人も多いと思います。ウイルスの日本上陸を防ごうと、空港などで必死の攻防が繰り広げられました。

しかし、感染者第1号が出てからは、あっという間に感染が拡大。更に死亡者が出たことから、日本国内は一時的に大きなパニックに陥り、ドラッグストアの店頭にはマスクを買い求める人達が押し寄せ、どこのお店に行ってもマスクが売切れ状態という異常事態が起こりました。


高校生など若年層を中心に感染が拡大

関西の中高校生を中心に感染者が増加し、発生地域の中高校が臨時休校になるなど、家庭や教育現場も大きく混乱しました。一般的なインフルエンザでは高齢者の感染者や重症者が多くなるんですが、この新型インフルエンザでは10代の若者を中心に感染が拡大したという特徴がありました。

医療機関は『発熱外来』を設置し、感染の疑いのある人は長期間隔離されるなど、新型インフルエンザ対策ガイドラインに基づく対応の一環として、さまざまな対応がなされました。



新型インフルエンザは怖くないという印象が残りました。

新型インフルエンザの危機は常にある

大きな混乱を引き起こした新型インフルエンザでしたが、成人の多くが類似のウイルスに対する免疫を持っている弱毒型であったことと、ハイリスク者である高齢者への感染が少なかったことから、結果的に死亡者数が抑えられました。

重症化する患者の割合も少なかったため、新型インフルエンザは怖くないという印象を持った人も多かったのではないでしょうか?

しかし、これは免疫学的・ウイルス学的に幸運だっただけに過ぎません。全身感染を引き起こすH5N1ウイルス(強毒型)が発生する可能性とその危機は、常に私たちの傍にあるのです



新型インフルエンザのことをもっと知ろう

新型インフルエンザについての基礎知識を分かりやすくまとめています。季節性のインフルエンザとの違いや、新型インフルエンザの症状や治療法、もしも流行した時の家庭での対処法など、参考にしていただけたら幸いです。

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る