咳が出るしくみとその原因、痰の役割、市販の咳止め薬の選び方について解説しています。


咳はなぜ出る?

咳の役割



  • ホコリやウィルスなどの異物を外へ出す
  • 気道にたまった痰を外に排出する



咳は、肺や気管などの呼吸器を守るために、外から入ってきたホコリ・風邪のウイルスなどの異物を気道から取り除こうとする生体防御反応です。そのため、自分の意志では止めることができません。

咳は身体の防御反応



一般的に、風邪による咳は数日でおさまるとされています。風邪の性質として、1週間から10日ほどたてば、症状は徐々に軽減していくはずです。2週間以上も咳が続いている、症状が治まる気配がない、痰に血液が混ざっている、市販の咳止め薬を服用しても効果がない場合などは、風邪以外の病気(呼吸器の病気など)が考えられます。このような時は、早めに医師の診察を受けましょう。

実は、咳が出る病気は風邪やインフルエンザ以外にも、マイコプラズマ肺炎やヘルパンギーナ(ウィルス性の咽頭炎)等、いろいろあります。また、ACE阻害薬(高血圧の薬)を服用している人は、薬の副作用として咳が出ることもあります。原因不明の咳が続くなど、異常を感じた時は主治医に相談しましょう。


痰の役割

痰の役割咳には痰を伴う咳と、痰を伴わない咳があります。風邪の初期は、痰を伴わない咳が比較的多く見られますが、風邪の悪化とともに気道の炎症も悪化して痰が増え、粘り気が強くなります。

痰は、粘膜の表面を保護している粘液が、ウイルスや細菌などの病原体やホコリなどの異物をからめ取ったものです。さらに、気道粘膜には細かい毛(繊毛)があり、この毛が痰を外に追い出す重要な働きをします。

痰が溜まると、喉の奥でゼロゼロと音がしたりしますね。また、痰の粘り気が強いと、喉の奥にへばりついて非常に出しづらいものです。そのために、咳止め薬には痰の粘り気をとって出しやすくする成分が配合されたものもあります。





咳止め薬とは

咳止め薬とは文字通り、咳が出てつらい時に咳を止めるために飲むお薬のことです。

しかし、中には咳止め薬が効かない咳や、咳止め薬を飲むことで逆に症状を悪化させてしまうこともあるため、自己判断でむやみに飲み続けるのは危険です。

基本的に、市販の咳止め薬は咳の症状を一時的に緩和させるためのもので、咳の原因となっている疾患を根本的に治療するものではありません。

また、咳のタイプや症状によって選択するお薬が異なるため、薬剤師や登録販売者に相談の上購入することをお勧めします。



咳止め薬の上手な買い方

咳止め薬の上手な買い方しつこい咳が延々と続くと、本当につらいですね。

一刻も早く咳を止めたい!という気持ちはよく分かります。

  • いつごろから咳が出てますか?
  • 痰はありますか?
  • ほかの風邪症状はありますか?
  • 喘息の持病はありませんか?



こんな風に、ドラッグストアで質問されることがあると思います。

症状を話すのが面倒くさいと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、症状を伝えることは、薬選びをする上で非常に重要です。

どんな咳にもすぐに効く!なんてお薬はありません。症状をしっかり伝えて、自分の咳に合ったお薬を選びましょう。咳止め薬は自己判断で購入するのではなく、薬剤師や登録販売者にしっかり相談するのが、賢い上手な買い方といえます。

咳や咳止め薬に関するコンテンツ



咳止め薬について知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る