育毛剤の効果や起こりやすい副作用と、使用上の注意について。


育毛剤の効果と副作用

発毛剤と育毛剤の違いのページでも書きましたが、髪の毛をはやす作用があるのは「発毛剤」で、育毛剤には「発毛(髪の毛を生やす)」の効果はありません。

髪の毛のハリやコシがなくなってきたと感じたり、抜け毛が少し増えたな・・と感じた時に、それらの進行を防ぐために使用するのが育毛剤です。

薄毛や深刻な脱毛症ではないんだけど、健全な頭皮や毛髪を保ちたいという人向けなんですね。

ですから、もし下記のような薄毛や脱毛症の症状を改善したいという人には育毛剤は適していない・・というか、効果はありません。

頭皮をすこやかに保つのが育毛剤

育毛剤には、医薬部外品から化粧品までいろんな種類がありますし、値段の差も大きいです。

配合されている成分も商品によって違いますが、医薬部外品の育毛剤では、

  • 毛球を育てて抜け毛を防ぐ 成分
  • 頭皮の血行を促進する成分
  • 育毛を促進する生薬エキス


などの成分が配合されています。

脱け毛、フケや痒みを防ぎ、頭皮をすこやかに保つのが育毛剤の役割です。

市販されている代表的な育毛剤



育毛剤の副作用と注意点

医薬品の発毛促進剤について

リアップは医薬品の発毛剤ですが、発毛促進剤という医薬品もあります。

分かりやすく説明すると、発毛剤と育毛剤の中間のようなものですが、医薬品ですので用法用量や使用上の注意などが定められています。

リアップとは違って、壮年性脱毛症だけではなく、円形脱毛症びまん性脱毛症、病後・産後の脱毛なども効能効果に記載されています。

購入する際は、店頭で薬剤師や登録販売者にご相談ください。

化粧品の整髪料について

資生堂のアデノゲンや、花王のサクセス育毛トニックなど、医薬部外品として発売されている育毛剤もたくさんありますが、化粧品として発売されている商品もあります。

医薬部外品には、医薬品の成分が配合されていることもありますし、医薬品ほどの効果はなくても、症状をある程度防いでくれたり、緩和してくれる働きはあると思います。

医薬部外品は、商品に必ず『医薬部外品』と記載しないといけないことになっているので、商品を見ればすぐに分かりますし、商品名に「薬用」とついているのは医薬部外品と思っていただいて大丈夫です。

それ以外の商品(たとえば、ヘアリキッドやヘアトニックなど)は、化粧品の整髪料で、育毛や抜け毛を防ぐなどの効果はありません。

髪の毛が細くなった、抜け毛が増えた気がするなど、頭皮や毛髪に関しての悩みを解消したい場合には、医薬品や医薬部外品の育毛剤を。

生え際や頭頂部の薄毛が目立ってきた、壮年性の脱毛症を改善したい場合には、医薬品の発毛剤を選択すると良いでしょう。


成分やマッサージの刺激に注意

育毛剤は販売されている数が非常に多く、その成分もさまざまです。

頭皮の血行を促進するために、刺激の強い成分が配合されていることもありますし、薬剤を塗った後にブラシで頭皮を叩いたり、マッサージをしながら塗るようなタイプもあります。

そのため、刺激の強い成分にかぶれて炎症や痒みが出てしまうことも。

育毛剤の中には、海外から輸入されている商品もありますし、どんな成分が入っているのかもよく分からない商品も実際に見かけたりします。

副作用を防ぐためにも、製造元や販売元がはっきりしない商品は使わないようにしましょう。

万が一、育毛剤で皮膚の異常が現れた時は、皮膚科を受診してください。

発毛剤・育毛剤について

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る