貧血の種類や症状について。市販薬で対応できない貧血もある。


まず、貧血の症状や種類を知ろう。あなたは貧血になっていないか?

ここでは貧血の一般的な症状について書いてみましょう。貧血は、めまいや立ちくらみ、ひどくなると動悸、息切れをおこします。血液中のヘモグロビンという物質が不足すると、このような症状がおこるわけですが、解消するには鉄分を多く含む食品を摂るか、医薬品で鉄分を補給することになります。

というのも、鉄分はヘモグロビンを造る材料の一つだから。つまり、鉄分が不足するとヘモグロビンの量が減り、貧血症状に陥ってしまうというわけです。また、ヘモグロビンは酸素を体中に運ぶ役割もありますから、ヘモグロビンの量が少なくなると、体に酸素が行き渡らない酸欠状態になり、息切れなどの症状が出るのです





血液は、赤血球や白血球・血小板の「血球」と、液体の「血漿」から成り立っています。血漿は薄い黄色の透明な液体ですが、血液が赤いのは、赤血球に含まれるヘモグロビンが赤色だからなんですね。血液の赤色はヘモグロビンの色なんです。

血液には、酸素や栄養素の運搬・体温や体液の調節・防御反応(侵入してきた細菌やウィルスをやっつける)、老廃物や疲労物質を各器官から回収するなどの重要な役割があります。

ですから、体をめぐる血液の量や質は、人間の健康を維持するうえで非常に重要なんですね。鉄欠乏性貧血が悪化すると、息切れやふらつき、動悸・息切れのほかに、不眠や物忘れ、運動機能の低下などが起こり、時には入院や輸血が必要になるケースもあります。特に女性は、毎月の生理でたくさんの血液を失いますから、日ごろから鉄分の摂取を心掛けましょう。


貧血の症状について


次に、症状について解説しましょう。体の中の血液量が少なくなると、皮膚が青白くなり、顔色が悪くなります。 顔が青白くなっている状態も、その一環ですよね。代表的な自覚症状を、以下の通り挙げておきます。これらが続けば、貧血の可能性があると疑った方が良いでしょう




急いで歩いたり、階段を急に駆け上がると息切れを起こします
急な運動をすると血中の酸素が体の隅々まで回らない状態が続き、呼吸の能率が悪くなるからです。

貧血症状を放置していると、むくみが起こりやすくなります
酸欠状態が続くと心拍数が増え、心臓に負担がかかります。その結果、血液循環がうまくいかなくなり、脚がむくむなどの症状が出ます。

貧血状態が長く続くと、爪に変化が起こります
爪がもろくなったり、スプ-ンのように中央が浅くくぼみます。 この症状はスプ-ン爪というものです。爪が割れやすくなる場合は注意しましょう。

その他の症状は、ぐっすり寝たのに体のだるい、疲労しやすい
イライラする、疲れが取れない等々の症状が現れます。これは、脳が酸欠状態になることや、疲労物質の回収がうまく機能しなくなるのが原因です。






貧血の種類によっては、市販薬では対応できません


次に貧血の種類です。 貧血の種類はその人の状態に応じ、いろいろと異なります。ここでは、幾つかの貧血の種類について解説しましょう。 市販薬で対応できない貧血も多いので、その際は医師の判断を仰いでください。





これらの貧血の違いは、初期のころは特に判断しづらいことも多いため、症状が長く続く場合や、いつもと違う感覚やこれまで感じたことのない症状がある場合は、早めに医師の診断を受けましょう。

鉄欠乏性貧血 貧血の種類で最も多いのは、体内の鉄分が不足したときに起こる鉄欠乏性貧血です。
鉄不足が原因なので鉄分を補えば症状は改善します。市販薬を服用することや、鉄分不足の意識した食生活に心がけることが何よりも大事です。
再生不良性貧血 この病は何らかの原因で赤血球を作る能力が衰えたときに起こります。
一部の医薬品の副作用として発症することもあります。市販薬では対応できないので、病院に受診すべきです
溶血性貧血 体内の赤血球が壊れ、血液が薄くなり引きおこる病です。

原因は種々たくさんあるので、病院で検査し、具体的な治療に移る事になります。場合によっては輸血が必要になることがあります。市販薬では対応できません
悪性貧血 ビタミンB12不足による貧血です。
ビタミンB12は赤血球を作る原料です。一般的な貧血のようなふらつきや息切れが現れますが、特徴的な症状として、舌の痛みや神経症状が現れます。市販薬では対応できません


貧血に関するコンテンツいろいろ

以下、貧血関連のページになります。ご興味のある部分から、ご確認ください。



 

貧血について知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る