口臭が気になる人向けの医薬品について。


口臭は自分では気づけない

口臭の主な原因は、虫歯や歯肉炎などの歯周病だといわれています。その他にも、日常的にタバコを吸う人やお酒を飲んでいる人、にんにくやニラなどの香りの強い食事を好む人も、口臭を気にしている人は多いと思います。

しかし、朝起きた時や、空腹時などは誰でも口臭はあるものです。風邪をひいている時など体調不良の場合も同じです。生理的なものでもありますから、あまり気にし過ぎないことも大事ですね。


口臭が気になる時



口臭の原因は、口腔内の汚れ

歯や歯周ポケットの汚れや歯槽膿漏・歯肉炎の他に、口内炎、舌苔(舌の上にべっとりついている苔)も口臭の要因になると言われていますので、毎朝やわらかいタオルなどでそっと取り除くといいと思います。また、胃炎や糖尿病といった病気を患っている時なども独特な口臭がすることがあります。

その一方で、口臭がないのに、自分には口臭があると思い込んで悩む人も多いと聞きますので、気になる人は、一度歯科医院で相談してみるといいかもしれません。


まずは、虫歯や歯周病の治療を

歯槽膿漏や歯肉炎、虫歯といった原因を抱えている人は、マウスウォッシュなどで口をすすいでもあまり効果を得られないと思います。やはり原因になっている部分を治療しないと根本的な解決にはなりません。まずは歯医者さんでチェックしてもらって、悪いところがあれば治療してもらいましょう。

年とともに歯周ポケットが深くなって、歯と歯茎の間に食べカスなどが残りやすくなります。それが口臭の要因になったり、歯槽膿漏を引き起こす原因にもなりますから、定期的に歯のお掃除をしてもらうといいですね。歯周ポケットの奥深くまでは、歯ブラシの毛も届きにくいですから、プロにお任せするのが一番です。





口臭に効く市販薬

市販薬の中には、口臭に効果のある商品がいくつかあります。ただ、内服薬の場合は、ほとんどは二日酔いの後の口臭やニンニク料理など臭いの強い食事の後の口臭を緩和するものです。マウスウォッシュやドリンク剤など、歯周病による口臭の緩和をしてくれる商品もいくつかありますので、代表的なものをいくつかご紹介します。

飲み薬(医薬品)

サクロフィール錠(エーザイ)
  • 口臭の除去、二日酔いに。 葉緑素からつくられた成分で、スーッとした飲み心地。

スート顆粒(塩野義製薬)
  • 漢方薬の甘草瀉心湯を配合。みぞおちにつかえた感じがある人の口臭、口内炎、胃腸炎などに。

サンクロン(サンクロン)
  • クマザサを原料に作られた液体のお薬で、お水やお茶、牛乳などで薄めて服用します。 食欲不振、疲労回復、歯槽膿漏、口臭や体臭の除去に。



歯ミガキ剤、マウスウォッシュ

歯ブラシに付けて歯ぐきをマッサージするように塗るお薬や、通常の歯磨きの後に、マウスウォッシュのように使用する液体のお薬などをご紹介しています。

イソジンうがい薬C(シオノギヘルスケア)
  • 薄めずにそのまま口に含んでうがいします。口腔内や喉の殺菌・消毒、口臭の除去に。

デントヘルスB(第一三共ヘルスケア)
  • 歯ブラシにつけて歯ぐきをマッサージするように塗布します。 通常の歯磨きのように、そのあとに口をすすいでもOK。

アセス液(佐藤製薬)

  • 歯ぐきの腫れや出血、口臭が気になる時に。歯槽膿漏の諸症状を緩和する医薬品のマウスウォッシュです。

口内炎とお口トラブルに関するコンテンツ



口内炎・お口トラブルについて

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る