ストレスが胃に与える影響や、吐き気と胃もたれの関係について解説しています。


胃もたれと吐き気の関係

吐き気とは、みぞおちのあたりがムカムカしたり、吐いてしまいそうになる不快感をいいます。吐き気を伴う胃もたれに適した胃腸薬のページでも書きましたが、ストレスなどの刺激を受けて体調が乱れて胃の機能が低下したり、夜間や空腹時に胃酸の分泌が過多になっていることが原因で、吐き気や胃もたれ・食欲不振といった症状が出ることがあります。


胃もたれと吐き気の関係



また、胃の蠕動運動が活発になりすぎていても、吐き気や胸焼けといった症状が起こりやすくなるのですが、ストレスによるもの以外にも、食べすぎやお酒の飲みすぎ、乗り物酔いなど、日常生活の中で起こる吐き気もあります。

二日酔いによる吐き気は、アルコールが体外に排泄されたら自然に解消することが多いので、水分補給をしながらゆっくり休むといいですね。

市販の胃腸薬の場合、ほとんどの商品の効能・効果に「はきけ」と記載されています。吐き気を鎮める成分として、局所麻酔成分や抗コリン成分(胃の過剰な働きを抑える成分)などが配合されている商品がありますが、種類が多いため選択する時はとても迷ってしまうと思います。

吐き気は、胃腸に原因があるとは限りませんから、しばらく胃薬を服用しても改善しない場合は、念のため受診することをお勧めします。





ストレスが胃に与える影響とは

胃は、自律神経によってコントロールされていて、ストレスによってその自律神経が乱れると、胃酸が過剰に分泌されることがあります。こういった状態が長く続くと、過剰に分泌された胃酸が胃の粘膜を傷つけ、炎症を起こして胸やけや胃の痛み、吐き気といった症状が出るんですね。これが胃炎です。

以前は、慢性胃炎と呼ばれたりしていましたが、最近は機能性ディスペプシアと呼ばれるようになっていますね。いずれにしても、症状が出始めた時に、食生活の見直しをしたり、休養をとる、市販の胃腸薬を服用するなどして、症状を放置しないことが大事ですね。


痛みが続く場合は受診しましょう

さらに悪化すると、胃粘膜表面のただれがひどくなった状態が胃潰瘍・十二指腸潰瘍になってしまうことも。消化性潰瘍は、空腹時の胃の強い痛みや吐き気を引き起こし、ひどくなると胃壁に穴があいたり、潰瘍部分から出血して吐血(嘔吐物に血が混じる)することもあります。

ここまでくると、市販の胃腸薬で対応するのは難しいですね。市販の胃腸薬の中には、制酸成分といって胃酸を中和する成分が配合されていたり、胃粘膜を保護する成分が配合されている商品もありますが、胃潰瘍や十二指腸潰瘍になっている場合は、充分な効果が得られないこともあります。


胃潰瘍・十二指腸潰瘍は受診を


出血性の胃潰瘍では、少しずつ胃の中で出血しているために、ふらつきなどの貧血症状が現れることもあります(ここまで来るとかなり重い症状ですが)。胃の痛みが強くなったり、市販薬を飲んでも症状が良くならない時は、なるべく早く医療機関を受診して下さい。

症状別で選ぶ胃腸薬と胃もたれに関するコンテンツ



胃もたれについて知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る