げっぷが出てしまう胃の病気や、胃もたれとの関係について解説しています。


胃もたれとげっぷ

通常、げっぷは食後や満腹時に良く出ます。げっぷの正体は、口から食べ物と一緒に入った空気や食べ物から発生するガスで、胃の中に溜まったそのガスが口から出てしまう現象です。早食いやドカ食いをする人は、食べ物と一緒にたくさんの空気を飲み込んでいることが多く、げっぷが起こりやすくなります。

胃に空気がいっぱい溜まってくると、それがげっぷとして出るわけですが、何度もげっぷをしているうちに、喉や食道付近の筋肉がゆるんで、胃の中に空気が入りやすくなるという悪循環に陥りることもあります。






げっぷをした時に、酸っぱい味を口の中に感じた経験は、みなさんお有りではないでしょうか?これは、げっぷと一緒に胃液が逆流している現象なんですね。

また、脂分の多い食事ばかりを好んで摂っている人は、胃の入り口(噴門部)が緩みやすくなることも分かっていて、食後に胃の中の内容物が食道に逆流しやすくなるため、胸焼けを起こしやすくなります。食後すぐに横になったりするのも良くありませんので、就寝3時間くらい前には食事をすませると良いです。





げっぷが出る胃の疾患

げっぷや胃もたれが、慢性胃炎の症状であることもあります。食べすぎ・飲みすぎなどの食生活の乱れやストレスなどが要因で起こると言われる慢性胃炎(最近は、機能性ディスペプシアと呼びます)。

胃もたれやムカムカが起こり、胃痛、胸やけ、膨満感、吐き気、げっぷなどの症状が慢性的に繰り返され、胃潰瘍に進行することもあります。そのほかにも、げっぷが激しく出る場合は、呑気症・食道裂孔ヘルニア・胃下垂など、さまざまな疾患が考えられます。

早期発見して治療することが大事ですので、異常を感じたらなるべく早く医療機関を受診しましょう。


逆流性食道炎の患者さんが増えています

『呑酸』という酸っぱいげっぷが出るのが特徴の逆流性食道炎。欧米化した食生活や夜型の生活などの影響により、ここ数年、この病気の患者さんが増加しているそうです。特に、加齢によって増える病気ですが、最近は若い人にも多いようです。

医師が分かりやすく解説した動画がありますので、気になる症状がある方は一度ご覧になってみてください。




逆流性食道炎を起こしやすい条件というのも、いくつかあります。たとえば、お腹に脂肪がたっぷりある、いわゆる太鼓腹の人は、内臓脂肪が胃を圧迫して押し上げるため、内容物が逆流しやすくなります。それから、腹部やウエストをベルトなどで強く締め付けている人も、その圧迫によって逆流しやすくなることも。

また、常に前屈みでお仕事をしていらっしゃるような方々や、腰が曲がったお年寄りの方なども、逆流性食道炎を起こしやすいと言われています。


※↓こんな風に腰を折ってする作業など。
逆流性食道炎



治療や予防のためには、薬の服用だけでなく食事や生活習慣の見直しが必要不可欠だといえますね。消化に時間のかかる食べ物を避けたり、体を冷やさないようにするなど(冷えは胃腸の働きを悪くします)、健康を維持する工夫をしていきましょう。

美味しく食事ができることは、健康なうちは特に有難みを感じませんが、実は当たり前ではないんです。「食べる」ことは私たちが死ぬまで続くわけですから、胃腸は大事にしたいですね。

症状別で選ぶ胃腸薬と胃もたれに関するコンテンツ



胃もたれについて知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る