痔の原因や、痔になりやすい人の体質や生活習慣について。


痔の原因について知ろう

一口に痔の原因と言っても様々です。ここに記している事をすべて解消しようとなると、日々努力が必要になります。ですから、少しずつでもいいですので、一つ一つ、クリアしていくようにしたいですね。

参考いぼ痔&切れ痔ダブル手術体験記@所沢肛門病院(当サイト管理人の痔の手術の体験記)

こちらも併せて読みたい
 ・川口肛門胃腸クリニックの院内を全て見せてもらった (2016年7月28日更新)
 ・普段は聞けない、痔の診察についての話し~触診や肛門鏡を使った視診~
 ・今どきの痔の手術は痛くない~麻酔の方が痛いかも~


便秘

便秘をすると、腸内に便がたまり、肛門部を圧迫するようになります。これは血行が悪くなる元です。さらに、排便時に必要以上にいきむ事になり、いぼ痔や切れ痔の原因になります。便秘は、痔の大きな原因の一つですから、これだけはぜひ避けたいところです。

排便時のいきみ

排便時にはいきまず、自然に便が出るようにしましょう。排便時のいきみは肛門を傷つけ、いぼ痔や切れ痔の大きな原因となります。便が固いと、どうしても排便の時にいきんでしまうので、固くならないよう日頃から水分や繊維質が不足しないよう心掛けましょう。

加齢とともに、ウンチを出す力が弱まるため、ウォーキングや簡単な筋トレなどで腹筋を鍛えると良いですね。

下痢

便秘も駄目ですが、下痢も駄目です。下痢は直腸粘膜や肛門部を化学的に刺激します。排便に勢いもあるので、キズが出来る原因にもなります。下痢の時に、なぜか肛門が痛くなることがあると思いますが、このような事が原因です。

下痢によって肛門部のくぼみに付着した便は、あな痔(痔ろう)の大きな原因になります。

同じ姿勢

同じ姿勢で座り続けると、肛門部がうっ血して、いぼ痔の原因となります。少なくとも30分に一度はリラックスして、全身の血行がよくなるようにしたいものです。

デスクワークや自動車の長時間の運転をする仕事の従事する人が痔になりやすい傾向がありますが、同じ場所にずっと立ち続けるお仕事(警備員さんなど)でも血行不良や冷えで痔になってしまうことがあるようです。同じ姿勢で長時間居るのは、やはり良くないんですね。



生活習慣や食生活・体質など

食生活や日頃の習慣も痔に影響することがあります。

体の冷え

冷えも、肛門部のうっ血を招きます。冷え性の方は、特に下半身を冷やさないようにしたいですね。冷えは血行を悪くする要因の一つなんですが、体を締め付けるような下着や服を身につけると血行を悪くしてしまいます。

冷えないようにと何枚も肌着や靴下を重ね着すると、それによって血行を妨げることもありますので気をつけましょう。

刺激の強い食べ物

特にタバコはよくありません。血管を収縮させる作用がありますので、痔にもよくありません。また、過度のアルコールや辛い物も、肛門部を刺激するため、避けるべきです。

ストレスや疲労

意外な点ですが、メンタルヘルスが優れないと免疫力が低下します。これは体を正常に保とうとする働きが鈍る事を意味していますので、痔に対してもよくありません。

特にあな痔(痔ろう)は細菌の感染で引き起こされますので、精神的・肉体的疲労によって抵抗力が低下すると良くありませんね。睡眠も、十分とるようにしてください。

清潔を保つ

最後に、肛門部はいつもきれいにしておくようにしましょう。不潔なのは痔の元です。特にウォシュレットの威力は絶大ですから、必ず洗うようにしてください。

ウォシュレットがない方は、携帯用を購入したり、消毒液をトイレットペーパーに付けて拭くのも、非常に効果的です。

痔について知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る