膀胱炎は細菌の感染によって起こります。その感染はどんな時に起こるのか?


膀胱炎の原因

原因菌のおよそ80%は大腸菌

膀胱炎の原因膀胱炎のほとんどは、大腸菌などの細菌に感染することで起こります。

通常、健康な人の膀胱や尿は無菌です。

私たちの体には防御反応が備わっていますから、菌が膀胱へ侵入しようとしても、それに対する抵抗力を持っていますし、おしっこをすることで菌を体の外へ出してくれます。

しかし、過労ストレス病後などで体力が低下していると、この防御システムが弱まり、膀胱炎を引き起こしてしまうんですね。

トイレに行くのを我慢したり、体を冷やしたりすることも要因の一つと言われており、何度も再発を繰り返す人も多いことから、生活習慣なども影響していると思われます。

男性よりも女性に圧倒的に多い

膀胱炎が女性に多いのは、男性に比べて尿道が短いことが要因の一つと言われています。

膀胱炎の原因年齢による差はほとんどないと言われていますが、性別で見ると男性よりも女性が圧倒的に多いのが特徴です。

  • 男性の尿道の長さ:約20cm
  • 女性の尿道の長さ:約5cm


また、生理用ナプキンやおりものシートなどを使用する機会が多いことも、女性に膀胱炎が多い理由の一つのようです。

肛門部に付着している細菌が尿道に侵入しないよう、ナプキンやシートはこまめに取り換えるようにしましょう。



膀胱炎を繰り返す場合

治ってもまたすぐに再発してしまう・・というお話もよく耳にします。

膀胱炎は一度なってしまったら、何度も繰り返すものと誤解している人も多いのですが、決してそうではありません。

膀胱炎を治療する際に、病院では抗生物質が処方されます。

膀胱炎を繰り返す原因

一般的に、膀胱内の細菌をやっつけるためには、抗生物質を5日間ほど飲み続けなければならないのですが、飲み始めると1~2日ほどで自覚症状が消えるために、短期間でお薬の服用をやめてしまうケースも少なくありません。

症状は消えていても、膀胱の中にはまだ細菌が残っていますから、体力が低下した時などにまたすぐに膀胱炎が再発してしまうのです。

ですから、医師に処方された抗生物質は、指示された通りしっかりと飲みきるようにしましょう。

膀胱炎について知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る