胃もたれが起こる原因は食生活やストレス、加齢などさまざまです。


胃もたれの原因

胃がもたれる・・と感じるのは、胃の動きが鈍くなる、胃の粘液が少なくなる等の理由によって消化が遅くなり、食べたものがいつまでの胃の中に残るためです。胃の動きが鈍くなったり、胃の粘液が少なくなるのには、下記のような理由が考えられます。

加齢による生理的な要因

加齢によって起こる胃もたれ加齢によって胃の機能低下や粘液の分泌の低下が起こったり、食べ物を十二指腸へ送るための蠕動運動も衰えてしまうのは、ある意味仕方のないことかもしれません。

多くの人が歳をとるごとに実感する胃の不調が、この胃もたれではないでしょうか。

  • 若い頃は好んで食べていた豚カツやステーキを避けるようになった
  • お酒を飲んだ次の日は、ご飯が美味しくない
  • 朝起きた時に、前の晩の夕食がまだ胃の中に残ってる感じがする

医師が解説する『胃もたれの原因』

胃が弱い人、強い人ってどうやって判断するの?、歳と共に胃もたれするようになるのは何故?というようなお話を、医師が分かりやすく解説しています。



体調不良が要因になっている

夏バテなど体調不良が原因で起こる胃もたれ風邪や夏バテで体力が落ちている時や睡眠不足、慢性的な疲労が要因で胃もたれが起こることもあります。

この場合も、胃の粘液の分泌が低下したり、胃の動きの低下などが起こり、食べたものがいつまでも胃の中に残っている感じがします。

体調不良による胃の不調の場合、胃もたれ以外に食欲不振吐き気などを伴うこともあります。

全体的に胃の機能が低下していることが考えられるので、消化の良いものを摂って、体や胃を充分休ませることが大切ですね。





ストレスが要因になっている

ストレスが原因で起こる胃もたれストレスや疲労によって自律神経が乱れると、胃がその影響を受けて、機能が低下することがあります。

自律神経はストレスの影響を受けやすく、胃は自律神経によって支配されているため、その影響がダイレクトに出てしまうんですね。

この場合、胃酸の分泌が増える傾向があるため、胃痛や胸やけといった症状を訴えるケースが多いんですが、胃酸には食べたものを消化する役割もありますので、胃酸を抑える胃腸薬の飲みすぎは、食べ物の消化不良や胃もたれの要因になることもあります。

ストレスによる胃の不調を放置しておくと、胃炎や胃潰瘍といった疾患になってしまうこともありますので、胃痛や胸やけ・胃もたれ・吐き気等が続く場合は、医療機関を受診してください。

慢性胃炎と急性胃炎の違い

意外に知られていない『胃炎』の症状について、医師が解説している動画です。



食生活が要因になっている

食生活の乱れが引き起こす胃もたれ当たり前のことですが、脂っこいものや甘いものの食べすぎ・お酒の飲みすぎは、胃に大きな負担がかかります。

また、深夜の飲食・朝食を食べないなど、不規則な食習慣は胃の機能を低下させる要因にもなります。

食生活は、健康管理の基本といっても過言ではありません。
胃の不調が続く時は、ご自分の食生活を一度見直してみてくださいね!

症状別で選ぶ胃腸薬と胃もたれに関するコンテンツ



胃もたれについて知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る