どんな原因が元で鼻づまりが起こるんでしょうか?その仕組みを解説しています。


鼻づまりの原因

急性鼻炎・アレルギー性鼻炎の場合

鼻炎による鼻づまりは、鼻の中の粘膜が腫れることによって起こります。鼻の中の粘膜が腫れると鼻腔が狭くなり、思うように呼吸が出来なくなります。原因にもよりますが、気温などが影響することもありますね。

急性鼻炎と風邪の区別がつきにくい場合もあります。鼻炎だと思っていたら熱や咳が出始めて風邪に発展したり、鼻づまりが続くことによって頭痛が起こることもあります。症状が軽いうちにケアすることが大事ですね。


鼻づまりの原因


鼻炎・アレルギー性鼻炎とは?


空気の乾燥による刺激や、ハウスダスト・花粉・大気汚染などのアレルゲンによって起こります。主な症状は、くしゃみ・鼻水・鼻づまりで、症状が重いと、頭痛や頭が重い・倦怠感などを伴うことも。

鼻炎を防ぐには、マスク等を利用してアレルゲンとなる物質に接触しないようにすることが大事です。



鼻炎が起こると、鼻づまりとともにくしゃみや鼻水も出るようになりますね。「鼻水をかんでもかんでも、鼻づまりが治らない」と、ドラッグストアの店頭で訴える方がいらっしゃいますが、鼻水が鼻づまりの原因になることは、ほとんどありません。鼻水を取り除けば鼻づまりが治る・・というわけではないのです。





風邪による鼻づまりの場合

風邪ウィルスに感染すると、鼻の粘膜の免疫力や抵抗力が低下するため、鼻腔内が細菌などに感染しやすくなります。鼻炎・アレルギー性鼻炎では、鼻水は透明でサラサラしていることがほとんどですが、風邪症状が進むと黄色の粘り気のある鼻水が出るようになります。


風邪による鼻づまり



黄色や緑色の鼻水の正体は、主に細菌と戦った白血球の死骸。鼻水が緑になったら、風邪が治る時期と言われますが、必ずしもそうとは言えません。

鼻の奥にある副鼻腔と呼ばれる大小いくつかの空洞に、粘り気のある黄色や緑色の鼻水が溜まることで、副鼻腔炎を引き起こすこともあり、それが鼻づまりの原因になることもあります。

副鼻腔とは?


副鼻腔は、鼻の奥ある大小いくつかの骨の空洞です。目や鼻から頬にかけて、前頭洞、篩骨洞、上顎洞、蝶形洞があります。

副鼻腔の構造
小林製薬HPより引用

風邪による鼻づまりは、鼻腔内の粘膜の腫れや、副鼻腔に粘度の高い鼻水が溜まることにより、空気の通り道が狭くなって起こるケースが多くなります。


耳鼻科の医師が鼻づまりのメカニズムを解説した動画があります。

鼻の構造から、鼻づまりの原因、治療法まで非常に分かりやすく解説していますので、ご覧になってみて下さい。



鼻の構造や疾患などによって起こる鼻づまりもある

鼻中隔弯曲症

左右の鼻腔を隔てている鼻中隔という壁が、どちらかに大きく曲がっているために、空気の通り道が狭くなって起こる鼻づまりもあります。

アデノイド

子どもの鼻づまりの原因で多いのがアデノイド。アデノイドは、鼻から喉につながる空気の通り道にあるため、肥大すると鼻呼吸が妨げられます。小学校低学年の男児に特に多く見られますが、成長するにつれて発症することは減っていきます。

ポリープ

鼻の粘膜に出来るポリープによって、粘膜の腫れが起こり、その腫れが慢性的に続くことによって起こる鼻づまりもあります。

鼻づまりに関するコンテンツいろいろ



鼻づまりに関連する悩み

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る