乗り物酔いが起こる原因と症状について。


乗り物酔いはなぜ起こる?

乗り物酔いのイメージ乗り物酔いは、車やバス・船などの乗り物に乗っている時に不規則的に繰り返される上下左右の揺れや、加速・減速する時に身体にかかる刺激によって、平衡感覚が混乱することで起こります。

平衡感覚が混乱することによって、吐き気やめまい、頭痛などの症状が現れ、ひどいケースでは嘔吐してしまうこともあります。

乗り物酔いは、医学的には「動揺病」と言われており、精神的な影響も受けやすいと言われていますね。

平衡感覚は、耳の奥にある内耳の器官で調整されているのですが、日頃感じたことのない揺れやスピード感は過剰な刺激として脳に伝わるため、自律神経のバランスが乱れてしまい、吐き気やめまいなどの症状が出ます。



乗り物酔いが起きやすくなる理由

睡眠不足や体調不良

乗り物酔いは、自律神経の乱れによって起きやすくなります。

酔いやすい人もいれば、ほとんど酔わない人もいますので、体質などもある程度影響しているかもしれません。

しかし、普段は乗り物に酔わない人でも、疲労やストレス、睡眠不足などによって体力が低下していたり、体調が悪くなっている時には酔いやすくなってしまうことがあります。

長時間乗り物に乗るような時や、普段乗らない乗り物に乗る時には、その数日前から体調を整えておくようにしましょう。

視覚や匂いの刺激を受けやすい

乗り物酔いが起こるきっかけとして、嗅覚(匂い)の刺激が上げられます。

たとえば、バスの中で隣の乗客の香水の匂いがきつかったり、ガソリンや排気ガスの臭い、お弁当などの食べ物の匂いなど、臭いの刺激で酔ってしまった人は結構多いのではないでしょうか。

また、下をうつむいたり、近くばかりを見ていると平衡感覚が崩れやすいため、乗り物に乗っている間は、読書やゲームなどをせずに、出来るだけ遠くの景色を眺めるようにしましょう。

視覚による影響も意外に大きいのです。

不安や過去の経験が影響する

乗り物酔いは、精神的な影響を大きく受けます。

子どもが遠足などでバスに酔ってしまったりするのは、初めて行く場所に対する不安や、緊張感などが関係しているからとも言われます。

また、過去に乗り物に酔って辛い思いをした経験があったりすると、それがトラウマのように残っていて、「また酔うのではないか・・」という不安から、乗り物酔いが引き起こされてしまうこともあります。

乗り物酔いを起こしやすい人に、ただのビタミン剤を「良く効く酔い止め薬だよ」と言って信じ込ませて飲ませると、実際に乗り物酔いが起きなかった・・という事例もあるくらい、不安や思い込みといった心理面が大きく影響しているんですね。

ですから、酔いやすい人は市販の酔い止め薬を上手に利用するなど、不安を取り除くようにすると良いかもしれません。


大人の乗り物酔いの薬

子どもの乗り物酔いの薬

家族で飲める乗り物酔いの薬

乗り物酔いの薬について

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る