どうして冬になるとしもやけになるのか?その原因をまとめてみました。


しもやけの原因

しもやけとは、手や指・耳などの体の末梢部の血のめぐりが悪くなって起こる疾患で、主に冬場に見られます。しかし、真冬でも10℃を下回ることが滅多にない沖縄などの温暖な地域では、しもやけはほとんど見られません。

もともと体が冷えやすい冷え症の人や、皮膚が乾燥しがちな方、アトピー性皮膚炎などの基礎疾患をお持ちの方など、しもやけになりやすい傾向があるようです。冬になる前から日頃のスキンケアや体調のケアをしておくことが大事なのかもしれませんね。

しもやけの原因



耳たぶや顔の頬、手足の指などの体の末端にできやすいのも特徴で、学童期の子供や女性に多く見られます。冷え症や血行不良が要因の一つとなりますから、改善するためには食事や生活習慣の見直しが欠かせません。しもやけの原因には、主にどんなものがあるのか、下記にまとめてみました。


昼と夜の寒暖差

昼と夜の寒暖差が5℃以上あると、しもやけが起こりやすくなります。しもやけは寒冷の刺激によって起こるので、真冬の疾患だと思われがちですが、寒暖差の激しい初冬や初春も要注意です。また、寒い屋外と温かい室内を行ったり来たりするような仕事に従事されている方や、通勤通学や仕事などで屋外にいる時間が長い方など、皮膚が冷気にさらされる時間が長い人も、しもやけになりやすいと言われています。


体質に影響される

貧血や冷え性、低血圧症などの体質、痩せている人は、しもやけになりやすいと言われています。皮ふ表面の血管は、暖かいと拡張し、寒いと収縮する性質がありますが、しもやけを起こしやすい人は、この調節が上手に機能していないようです。

また、高齢者の場合は、動脈硬化のある人にしもやけを起こしやすい傾向があるようです。加えて、皮膚のうるおいが不足しがちで、外界からの刺激を受けやすいため、痒みが強く出たり、しもやけが治りにくいこともあります。毎日の保湿が大事ですね。

それから、これは諸説あるようですが、遺伝的な要素もあるようです。親や兄弟など家族にしもやけの人がいる場合、しもやけになりやすいとも言われています。




水に触れる機会が多い

冷えた手足を急激に温めたり、頻繁に水仕事をして手指を冷やしたりすると、しもやけを起こしやすくなります。また、濡れた手足を放置しておくと皮膚表面が乾燥し、ひび・あかぎれを起こしてしまうことも。炊事で水を使う機会の多い人は、こまめに保湿をしましょう。温水だと大丈夫だと思われがちですが、温水は手の皮脂も落としてしまうため、手荒れの要因にもなります。

濡れた手をそのままにすると、しもやけの原因になる



仕事で水に触れる機会が多い人や、家事や育児で水仕事をする機会の多い女性は、しもやけになりやすいので、特に気をつけましょう。忙しさから、ついついタオルでしっかり水気を拭き取ることを忘れていませんか?水気や汗はこまめに拭き取るのがポイントです!


屋外の冷気に触れる機会が多い

子どもは、寒い日でも元気に外で遊びます。また、屋外でお仕事をされる方もいらっしゃると思います。長時間冷たい外気に触れると、その寒冷刺激により手足や耳・頬などがしもやけを起こしやすくなります。また、寒い屋外と暖かい家の中を行ったり来たりを繰り返していると、その寒暖差により皮膚が刺激を受けてしまいます。





長靴やマフラー、手袋などで、なるべく皮膚を冷気にさらさないようにしましょう。腰や背骨・肩甲骨のあたりに使い捨てカイロを貼っておくと、全身が温まります。顔は衣服で覆うことが難しいので、特にお子さんの場合は、ワセリンなどの保護力の高い保湿剤なども有効ではないかと思います。


しもやけ(凍瘡)と凍傷のちがい

凍傷は、気温0℃以下の環境に長時間さらされた場合に起きます。しもやけ(凍瘡)が体質や環境(寒暖差など)に大きく左右されるのに対して、凍傷は気温0度以下の環境下では、ほとんどすべての人に起こり得ます。

また、しもやけ(凍瘡)は日常生活の中で起こりますが、凍傷は冬場の登山やスキーなど、特殊な環境下で起きることがほとんどで、日常生活の中で発症することはありません。

しもやけを知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る