吐き気が起きてしまう病気の中で腹痛の症状を伴う病気について解説しています。


腹痛と吐き気の関係

腹痛に吐き気を伴う場合

内臓に何らかの異常が起きている場合、腹痛とともに吐き気や嘔吐が起こることがよくあります。実は、私は虫垂炎と胆石症を患い、手術を受けた経験があるのですが、病気の始まりは腹痛と酷い吐き気でした。

虫垂炎は右下腹部が痛くなるんですが、初期は胃のあたりの痛みや吐き気がありました。そのため、「胃炎なのかな?」と思っていたんですが、腹痛が起きてから3日目に右下腹部の激しい痛みと40℃の高熱!

急いで病院へ行ったら、腹膜炎を起こしているということで即手術となりました。虫垂は通常の4倍の大きさに腫れ上がっていたそうです。「もっと早く病院に来るべきだった」と医師に怒られたのを覚えています。





一般的には、虫垂炎の手術の場合は1週間程度で退院できるんですが、症状が重かった私の場合は15日間もかかってしまいました。胆石症も同じで、痛みとととに強い吐き気がありましたが、こちらは七転八倒する強烈な痛みだったため、救急車を呼んで病院へ行きました。

このように、放置すると重篤な状態になる危険性もあり、適切な処置を行わないと、生命に関わる場合もあります。虫垂炎や胆石症、尿路結石など、非常に強い腹痛を伴いますので、放置することは少ないと思いますが、異常を感じた場合は出来るだけ早く医療機関を受診してください。





吐き気が起こる腹部の主な疾患

虫垂炎
  • 盲腸と呼ばれる疾患です。右下腹部の痛みが起きますが、初期症状として吐き気が起きることが多く、熱を伴うこともあります。
腹膜炎
  • 胃や膵臓など、内臓に強い炎症がある時など、さまざまな原因で起こります。ひどい場合は手術が必要になりますので注意が必要です。
胆石症
  • 胆嚢や胆管に石が詰まる疾患です。黄疸や発熱、みぞおちの激しい痛み、吐き気が主な症状です。
胃潰瘍・胃炎
  • みぞおちのあたりが空腹時に痛むのが特徴。ストレスや解熱鎮痛剤の連用などで起こりやすくなります。
  • 嘔吐物に血が混ざることがある場合は、早急な受診をおススメします。
尿路結石
  • 尿路に詰まった石によって強い痛みが出ます。
  • 背中や脇腹が、のた打ち回るように痛いのが特徴です。我慢できる痛みではありませんので、病院を受診して下さい。
急性肝炎
  • ウィルスによる感染で起きる疾患です。
  • 初期は自覚症状がほとんどなく、健康診断などで分かるケースがほとんどです。
  • 原因不明の吐き気やみぞおちの痛みがある場合は、受診しましょう。
急性膵炎
  • お酒の飲みすぎや暴飲暴食、不摂生などが原因で起こります。激しい腹部の痛みや吐き気に襲われます。
  • こちらも我慢できる痛みではありませんので、すぐに受診して下さい。

吐き気に関係する病気



吐き気の原因と対処法

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る