デリケートゾーンのかぶれやかゆみに効く市販薬。


デリケートゾーンのかゆみ・かぶれ

生理中のナプキンによるムレやかぶれ、ホルモンバランスの乱れや疲労、ストレスによるデリケートゾーンの不快感は、女性なら誰でも経験があると思います。

デリケートゾーンだけに、病院へ行くのも他人に相談するのもイヤ・・・。
そういう女性はとても多いと思います。

でも、アンケート調査によると、女性の2人に1人がデリケートゾーンの不快感や痒みを経験しているんですね。

決して特別なことではありませんので、ケアや予防の仕方などを普段から知っておくと良いと思います。

デリケートゾーンのかゆみのイメージ



デリケートゾーンのかゆみ・かぶれに効く市販薬

デリケートゾーン専用のお薬というと、「フェミニーナ軟膏」が有名ですね。

元祖と言える商品でもありますし、認知度が高いので、ドラッグストアでとても良く売れています。

フェミニーナ軟膏には、いくつかシリーズ品がありますし、別のメーカーからも同じような商品が発売されていますので、代表的な製品を掲載しておきます。

フェミニーナ軟膏S(小林製薬)
  • 「軟膏」とありますが、べたつかないクリームタイプになっています。しみるのが嫌な人はこちらを。

フェミニーナジェル(小林製薬)
  • クリームよりもさらにべとつかない透明ジェル。パウダー配合でサラサラ感があります。

フェミニーナミスト(小林製薬)
  • 手を汚さずに塗ることができるミストタイプ。携帯に便利なので外出時に。

ユースキンラフレ(ユースキン製薬)
  • やわらかい乳液状のクリーム。フェミニーナ軟膏と比べると若干の刺激があるのが難点だが、手に取りやすいパッケージが嬉しい。

メンソレータムフレディメディカルクリーム(ロート薬品)
  • フェミニーナ軟膏との違いは、抗炎症成分が配合されている点。
  • せっけんの香り。無香料ではないのが特徴。

デリケア(池田模範堂)
  • 無香料でべたつかないクリームタイプ。どちらかというと、痒みよりもヒリヒリ感や痛みが強い人向け。

デリケアM‘s(池田模範堂)
  • 男性のデリケートエリアのかゆみに。メントール入りで清涼感があるのが特徴。クール感が気にならなければ女性も使用可能。

デリケートゾーンのかゆみ

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る