蚊よりも強烈な痒みに襲われるダニ刺され。その特徴や注意点について。


ダニ刺されは、我慢できない猛烈なかゆみが特徴

ダニに刺されると、猛烈なかゆみに襲われます。しかも、痒みはすぐにはおさまらず、1週間から10日ほど続き、刺された痕はなかなか消えません。

蚊やブヨなどに刺された時のかゆみと、ダニに刺された時のかゆみは少し違います。ダニ刺されのかゆみの大きな特徴をまとめてみました。

ダニ刺されに効く市販薬をすぐにチェックする方はコチラ



熟睡できないほどの激しい痒み

ダニに刺された時のかゆみダニに刺されてしまうと、腫れ(赤色丘疹)と激しい痒みの症状が起こります。刺される場所は腕や首・太もも・腹部など柔らかい皮膚の部分に集中します。

蚊は、刺された時にチクッとした軽い痛みを感じますが、ダニは刺された瞬間は、痛みをほとんど感じません。

かゆみは非常に強く、日中も夜中も激しい痒みに襲われ、睡眠を妨げられたり、寝てる間に無意識に掻き毟って「とびひ」になってしまうこともあります。

放っておくとよくないので、刺されたらすぐに塗り薬などで対応しましょう。

  • ツメダニ(人刺咬性)・・・刺されてから数時間から数日経ってから痒みが出る。
  • イエダニ(吸血性)・・・・刺されると、すぐに痒くなる。


長期間続く痒み

一般的に、蚊に刺された場合は、刺されてすぐに痒くなりますが、数時間経てば、痒みも赤みも治まります。しかし、ダニ刺されの場合は、辛いかゆみが3日~10日ほど続きます。赤みもなかなか引かず、しばらく色素沈着の痕が残ることも。

かゆみや赤みがすぐに引かなければ、ダニに刺された可能性が高いかもしれません。

服に覆われてる箇所も刺される

蚊は、服に覆われてない部分を刺すことがほとんどです。しかし、お尻や太もも、腹部といった、服に隠れる部分に虫刺されの痕を見つけたら、それはダニによる可能性が高いです。

ダニ刺されの特徴



ダニに刺されたら

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る