コーヒーを飲むと胃もたれしてしまう理由と対策について。


胃もたれとコーヒー

コーヒーが好きで、1日に何杯も飲むという方もいらっしゃると思います。

しかし、空腹時や胃の調子の悪い時にコーヒーを飲むと、胃がもたれてしまったり、ちょっとムカムカしたり・・ということありませんか?

胃もたれとコーヒーの関係

コーヒーにはカフェインが含まれていることは御存知だと思いますが、カフェインには交感神経を興奮させる作用があります。

交感神経は、日中に起きている時に活発になる神経ですから、夜にコーヒーを飲むと目が冴えて眠れなくなったり、おトイレが近くなったりするのは、そのせいなんですね。

コーヒーを飲みすぎて交感神経が刺激されると、胃酸の分泌の増加や、胃の動きの低下といった状態を引き起こし、それが胃もたれやムカムカという症状となって現れます。

胃酸の出過ぎは、吐き気・胸やけや胃痛の原因になりますし、胃の動きが低下すると消化が遅くなって、胃もたれや膨満感といった不快感を引き起こします。



コーヒーによる胃もたれを防ぐには

特に、空腹時にコーヒーを飲むと起こりやすくなるので、空腹時は避けた方がいいんですが、どうしてもという時はブラックではなくミルクを多めに入れたカフェオレにすると良いですね。

ミルクは胃酸を中和してくれるので、ブラックで飲むよりも胃に優しいんです。

このように、飲む時の胃の状態や、飲む時間、回数などに気をつけるだけで、コーヒーによる胃もたれを防ぐことは可能です。

胃もたれを防ぐコーヒーの飲み方

なるべく、コーヒーは空腹時ではなく食後に!

胃もたれや吐き気など、胃の調子が悪い時は、少しコーヒーを控えるといいですね。

イライラやストレスでコーヒーを飲む回数が増えることも良くないので、ストレス解消や休養を心掛けましょう。

?コーヒーの効果


コーヒーには、大腸がんの予防効果があると言われていますし、頭をスッキリさせたり、気分をリフレッシュさせたりと、良い効果もたくさんあります。

飲む量や回数、タイミングに気をつけて、コーヒーを生活に上手く取りいれて下さいネ。

胃もたれについて知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る