膀胱炎の治療法と、再発させないための予防法について。


膀胱炎の治療と予防

病院では抗生物質による治療が一般的

ごく軽い膀胱炎であれば、利尿効果のあるお茶などをたくさん飲んで尿で菌を洗い流すことで、自然に治ってしまうケースもあります。

しかし、排尿痛や残尿感がある急性の症状の場合は、抗生物質を数日間飲んでもらうのが一般的な治療法です。

代表的な治療薬(抗生物質)

ニューキノロン系 膀胱炎の主な原因菌と言われている大腸菌に特に良く効くと言われています。

【主な製品】クラビット、シプロキサン、タリビッド等
ペニシリン系 グラム陽性菌などに効果があるとされています。

【代表的な製品】ビクリシン、サワリシン、アモリン等
セフェム系 安全性が高く適応症も多いのが特徴。膀胱炎以外に耳鼻科などで処方されることも多い。

【代表的な製品】ケフラール、フロモックス、メイアクト等

抗生物質の他に、頻尿の症状を緩和する抗コリン薬(膀胱の収縮を抑える薬)、熱や痛みがある場合は解熱鎮痛薬、むくみなどがある場合は利尿剤や漢方薬などが処方されることがあります。

こちらのページでも書いていますが、抗生物質は処方された分を最後まできちんと飲みきるようにしてくださいね。

症状がなくなったからといって勝手に飲むのを止めてしまうと、すぐに再発してしまうことがありますし、菌がより強くなってしまい、抗生物質が効きにくくなってしまうこともあるため、注意が必要です。

副作用に注意

飲む人によっては、抗生物質で胃がもたれたり、吐き気下痢などの胃腸の不快感が出ることもあります。

その場合は、一緒に胃腸薬が処方されたり、抗生物質の種類を変更するなどの対応をしてくれますので、気になる症状があれば主治医に相談するようにしましょう。

市販の胃腸薬の中には、抗生物質の効き目を悪くしてしまうものもあるため、自己判断で市販薬を購入するのではなく、医師や薬剤師に相談してから飲むようにしてくださいね

膀胱炎の治療と予防



膀胱炎を予防するには

膀胱炎にならないためには、どんな予防法があるのでしょうか?

菌を膀胱に侵入させない・増やさない

外陰部を清潔に保つ

体の構造上、女性の尿道は短いために菌が膀胱へ侵入しやすくなっています。

  1. 生理用ナプキンやおりものシートはこまめに取り換える
  2. トイレの際の拭き方に注意する(前から後ろへ向かって)
  3. 汚い手で外陰部を触らない


など、清潔を心掛けましょう。
(特に、お子さんの場合は2と3に注意です)

また、性行為によって膀胱炎が起こることもあります。

排尿によって、尿道や膀胱に侵入した細菌を体の外へ出すことが出来ますので、性行為のあとはなるべく早くトイレに行くようにしてください。(習慣にすると良いです)

シャワーを浴びるようにすると、なお良いでしょう。

膀胱炎の予防

トイレを我慢しない

膀胱の中で細菌を増殖させないためにも、水分をしっかり摂って排尿することが大事です。

女性は男性と比べて、ギリギリまでトイレに行くのを我慢する傾向があるとか。

膀胱炎になると、排尿時の痛みが辛いために水分を控えたりする人もいますが、症状を悪化させることになりますので注意しましょう。

抵抗力を下げないようにする

疲労やストレスが溜まっている、睡眠不足風邪をひいた後など、抵抗力が低下している時に膀胱炎になりやすいことが分かっています。

また、無理なダイエット激しすぎる運動なども、免疫力を低下させる要因になることがあります。無理をせずに、自分の健康を維持することが大事です。

体が冷えることも良くありません。特に下半身の冷えは良くありませんので、保温も心掛けてくださいね。

下腹部を温めた方がいい?

膀胱炎になってしまった時に、膀胱のあたり(下腹部)に使い捨てカイロを貼って温めている人を見かけることがありますが、膀胱では文字通り「炎症」が起きているわけですから、患部を温めすぎるのは良くありません。

下半身が冷えている場合は、末梢部である足や腰などを温めると良いでしょう。

膀胱炎について知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る