下痢止めを飲んでもいいのはどんな時?


下痢の治療

下痢の治療食あたりや水あたり・食中毒など、病原菌が原因で起きている下痢の場合は、病原菌を体内から排出するために下痢が起きています。

下痢止め薬を飲んで下痢を止めてしまうと、かえって逆効果になることがありますので、無理に止めてしまうのは良くありません。

軽い下痢であれば、服用しても大丈夫だと思いますが、熱や嘔吐を伴う場合、下痢が激しい場合は市販薬の利用はやめて医療機関を受診してください。

下痢止めを飲んでも良いか、自分で判断が出来ない場合は、ドラッグストアで薬剤師・登録販売者に相談してみるのも良いと思います。

水分はしっかり補給しましょう!

しかし、水分を摂ってもすぐに吐いてしまう場合や、下痢や嘔吐がひどく、脱水症状が見られる場合は、医療機関で点滴を受けるなどの治療が必要になることもあります。

また、下痢で体力が消耗しているから栄養のあるものをたくさん食べなくちゃ!はNG。

下痢の間はなるべく食事を摂らない方が、治りが早いんです。

水分を摂って、しっかり休養することが大事ですね。

普通の水よりも、糖分や塩分を含んだスポーツ飲料などが良いんですが、最近はこのような経口補水イオン飲料を飲むよう指示する医師も多いようです。

経口補水薬オーエスワン(大塚製薬)
  • 感染性腸炎、感冒による下痢・嘔吐・発熱を伴う脱水症状に
  • 高齢者の経口摂取不足による脱水症状に
  • 過度の発汗による脱水症状に
  • 医師、看護師、薬剤師、管理栄養士の指導に従ってお飲み下さい。
  • 食事療法の素材として適するものであって、多く飲料することによって疾患が治癒するものではありません。

      


下痢止め薬を飲んでも良い下痢とは

ストレスや緊張からくる下痢や、体やお腹が冷えることで起きる下痢、生理中の下痢などの非感染性の下痢は、市販の下痢止め薬を服用しても大丈夫かと思います。

冷えが原因の場合は、体を温める・消化の良いものを食べるようにするといいですね。

下痢止め薬を服用することで下痢を抑えることは可能ですが、ストレスや緊張からくる下痢の場合は、心理的な要因が影響していることが多いので、根本的な原因を解決する必要もあります。

会社や学校へ行こうとすると下痢になる・・、会議やプレゼンの前に急にお腹が痛くなる・・など、大きな緊張やプレッシャーによって下痢が起こる場合、ご本人の苦しみは非常に大きいと思いますね。

下痢の症状が重く、日常生活に支障をきたす場合は、専門医の受診をおすすめします。

胃腸のぜん動運動を調節するお薬を服用することで、下痢が起きなくなるケースもありますので、一度相談してみると良いでしょう。

下痢について知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る