小さなお子さんや小中学生の痔や市販薬について解説しています。


子どもの痔

乳児(赤ちゃん)の痔は固いウンチやおむつかぶれが原因に

乳幼児の痔乳児(赤ちゃん)の痔の原因の多くは、コロコロとした固いウンチによって肛門付近が傷ついてしまうことにあります

逆に、下痢が続くことで便の刺激によって肛門付近が炎症を起こしたり、化膿してしまうこともあります。

コロコロとした固いウンチが肛門内を傷つけて、そこから出血することがありますが、排便の度にシャワーでお尻を洗ってあげたり、軟膏などで適切な処置をすることで、通常はすぐに治ります。

しかし、おむつかぶれも併発した場合などは治りにくく、悪化することもありますので、症状が改善しない時は早めに小児科を受診してください。

一般的な痔の市販薬には「小児用」がありません。

15歳未満は使用できないものがほとんどですが、下記の商品は保護者の監督の下にお子さんに使用することも可能です。

ドラッグストアで、まずは薬剤師や登録販売者に相談してみてくださいね。

間宮アロエ軟膏(小林製薬)
  • アロエ葉末を配合した油性の軟膏。痔だけでなく軽い火傷など傷全般に使用できます。

幼児(2歳~未就学児)の痔の原因

幼児の痔の原因幼児(2歳~5歳くらいまで)も、やはり固いウンチが原因に切れ痔の症状が出ることもあります。

また、自分でトイレが出来るようになってくると、排便の後の拭き取りが上手く出来なくて、不衛生な状態から肛門周辺が炎症を起こすこともあります。

ウンチがちゃんと拭き取れているか?や、炎症がないかどうか、お風呂の時などにこまめにチェックしてあげてくださいね。



参考いぼ痔&切れ痔ダブル手術体験記@所沢肛門病院(当サイト管理人の痔の手術の体験記)

こちらも併せて読みたい
 ・川口肛門胃腸クリニックの院内を全て見せてもらった (2016年7月28日更新)
 ・普段は聞けない、痔の診察についての話し~触診や肛門鏡を使った視診~
 ・今どきの痔の手術は痛くない~麻酔の方が痛いかも~


小学生・中学生・高校生の痔

大人の痔と症状や原因はほぼ同じ

子供が大きくなるにつれて増えてくるのが、大人と同じタイプの痔です。いわゆるいぼ痔や切れ痔が多くなってきます。

学校へ通うようになると、椅子に座っている時間がある程度長くなるため、血行不良による“うっ血”が起きやすかったり、また、便意があっても我慢することもあるため、大人と同じような原因で痔になってしまうことがあります。

そのほとんどは、軽度なものですが、稀に病院での治療が必要なほど重症になることもありますので、市販の塗り薬などを使用しても良くならない時は、病院を受診するようにしましょう。

なお管理人が最終的に痔の手術を受けたきっかけは、小学生の頃からの痔が原因です。気が付いた時には、もう手遅れになっていました。そうならないように、親御さんもそれとなくお子さんを観察していただくと良いと思います。

温浴が一番効果的

大人・子供に関わらず、もっとも効果的な痔の治療法は「温浴」です。排便後はシャワーでお尻を洗い流したり、毎日の入浴で湯船に一定の時間浸かるようにするだけでも、痔はかなり改善されます。

痔の症状があっても、恥ずかしがって親には言わずに放置しているケースもあったりします(典型的に私の場合もこれでしたね)。子どもの下着に血が付いているのを発見した親御さんが、「うちの子は痔ではないかしら?」と相談に来られることも。

15歳以上であれば、大人と同じ市販の痔のお薬が使用可能ですが、頑固な便秘などもある場合は、その改善も行う方が効果的ですので、まずは症状をしっかり把握して、医師や薬剤師などの専門家に相談することをお勧めします。

痔について知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る