鼻づまりも慢性的に続くと蓄膿症へ移行することもあります。注意点についてまとめました。


鼻づまりと蓄膿症

蓄膿症とは

鼻の穴の奥にある副鼻腔に、何らかの原因で細菌などが入り、炎症を起こす疾患を副鼻腔炎といいます。

急性と慢性があり、急性の副鼻腔炎の原因で最も多いのが、風邪やインフルエンザのウイルスや細菌による感染です。

  • 風邪が治ったあとも、いつまでも鼻水が出る、鼻がつまるなどの症状が続く。
  • 鼻水が透明から黄色い粘り気のある鼻水に変わった。
  • 鼻水がノドにひっかかる感じがする。
  • 鼻をかんでもかんでもスッキリしない。

蓄膿症とは
このようなな症状がみられたら、副鼻腔炎(ふくびくうえん)の可能性があります。

そして、この状態を放置して慢性副鼻腔炎になると、いつも鼻がつまった状態になったり、粘り気の強い膿(うみ)のような鼻水が鼻腔に溜まるようになります。

さらには、頭重感や倦怠感、嗅覚障害などの全身症状も引き起こし、日常生活にも支障を及ぼすことも。

これが蓄膿症と呼ばれるもので、蓄膿症の正式な病名を『副鼻腔炎』といいます。

こどもの蓄膿症


子供の蓄膿症は「小児性副鼻腔炎」といわれ、成長段階で自然に治る場合もありますが、放置しておくと症状が進行してしまうこともあります。





本人が気付かないケースもありますが、特徴として、慢性的な鼻づまり、いびき、注意力・記憶力の低下があります。また、鼻が日常的につまるため、口呼吸になってしまっていることも。また、蓄膿症があると中耳炎などの耳の疾患にもなりやすい傾向がありますので、早めに対処したいですね。






治療の基本は耳鼻科受診

市販の医薬品で蓄膿症(副鼻腔炎)を効能効果としたお薬はいくつかありますが、基本的には専門医による治療を優先とします。一般的な市販の鼻炎薬は、アレルギー性鼻炎や風邪の鼻症状ならいいのですが、蓄膿症の方には適していません。

蓄膿症に適したお薬や、専門的な治療法がありますので、蓄膿症が疑われる場合は耳鼻科を受診することをお勧めします。

蓄膿症の多くは、風邪ウイルスや細菌、鼻のアレルギーなどが原因となって起こりますが、中には、鼻中隔が極端に曲がっているなど、鼻の形が原因となっていることもあるため、専門医による診断・治療が不可欠なのです。


市販されている蓄膿症の薬

しかし、ごく軽い副鼻腔炎であれば、市販薬で様子を見るという選択肢もありますので、蓄膿症の市販薬で代表的な製品をご紹介しておきます。

1週間続けてみて、効果があるかどうか確認することをおすすめします。
1ヶ月位服用しても症状の改善が見られない場合は、耳鼻科医師にご相談ください。

一般的な鼻炎薬(アレルギー性鼻炎など)は、こちらのページで解説しています

チクナイン(小林製薬)
  • 9種類の生薬で構成された漢方薬「辛夷清肺湯(シンイセイハイトウ)」の働きで、 鼻の奥の炎症を鎮めながら膿(うみ)を抑えて、呼吸を楽にします。1日2回の服用。眠くなる成分を含みません。
          
ベルエムピL(クラシエ薬品)
  • 日本で古くから、鼻づまりや慢性鼻炎の薬として知られている「葛根湯加川キュウ辛夷」という薬方からなるお薬です。
    比較的体力のある人の後背のこりをともなう鼻づまり、蓄膿症、慢性鼻炎に。
          
モリちくのう錠(大杉製薬)
  • 辛夷、桔梗など成分欄記載の16種類の生薬で構成される和漢薬の、のみやすいエキス糖衣錠です。
    本剤の服用で鼻づまりなどの不快な症状が改善され、ちくのう症、鼻カタルなど効能欄記載の鼻の病気に効きめがあります。
          

鼻づまりに関するコンテンツいろいろ



鼻づまりに関連する悩み

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る