医師が処方する睡眠薬と市販薬の違い。


病院で処方される睡眠薬との違い

医師が処方する睡眠薬と市販の睡眠改善薬の違いについては、こちらのページでも書いていますが、お薬の成分や性質がまったく別のものです。

病院で処方される睡眠薬の特徴

睡眠薬として処方されているお薬には、睡眠導入剤鎮静剤抗不安薬など、さまざまな種類があり、短時間作用型中間作用型長時間作用型と、効果が持続する時間は、その薬によって違います。

  • 寝付けない
  • 眠りが浅い
  • 途中で目が覚める
  • 睡眠が長時間続かない

といった患者さんの睡眠障害のタイプに応じて、医師がお薬を処方します。

病院で処方される睡眠薬と市販薬の違い



睡眠薬・睡眠導入薬・安定剤の違い

睡眠薬と睡眠導入薬には、実は作用の違いはなく、超短時間作用型・短時間作用型の睡眠薬を総称して「睡眠導入剤」と呼んでいます。

一方、安定剤は抗不安薬とも呼ばれ、不安症状の緩和に処方されます。

抗不安薬には、不安や緊張をときほぐす作用、筋肉の緊張やコリをほぐす作用があり、就寝前に服用すると眠りに入りやすくなるため、睡眠導入剤として処方されることもあります。

不眠症は現代病?!

2013年に改訂された、「睡眠薬の適正使用に関するガイドライン」によると、成人の30%以上が入眠困難、中途覚醒、早朝覚醒、熟眠困難などいずれかの不眠症状があって、10%が慢性的な不眠症に陥っているんだそうです。

睡眠薬の処方率は近年増加を続けていて、現在、睡眠薬は一般成人の20人に1人が服用している汎用薬となっています。

病院で処方される主な睡眠薬?
超短時間作用型 マイスリー・アモバンなど
短時間作用型 ハルシオン・デパス・レンドルミン・レスミーなど
中間作用型 ユーロジン・サイレースなど
長時間作用型 ダルメート・ソメリンなど

不眠が続く場合は自己判断せずに医師に相談しましょう

市販の睡眠改善薬の成分であるジフェンヒドラミン塩酸塩は、不眠症患者さんを対象にした臨床試験(治験)で、長期的な治療効果と安全性が、まだしっかりと確認されていません。

そのため、「使用上の注意」には、「一時的な不眠に使用すること」「不眠症と診断された人は使用しないこと」と明記されています。

また、眠気や口渇などの副作用が出たり、持病を悪化させてしまうことがあるため、自己判断で漫然と使用しないようにしてください。

市販薬で効果が現れない場合や、不眠の症状が改善しない場合は医師の診断を受けましょう。

睡眠薬と市販薬の違い

睡眠改善薬について知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る