やけども日焼けも直後に充分冷やすことが大事です。最新の治療法についても解説。


やけど・日焼けの応急処置

やけどの応急処置

最新の治療法に、やけどの直後に充分に流水で患部を冷やした後、ワセリンなどを塗布してラップで覆う湿潤療法(モイストヒーリング)があります。

昔は、患部を乾燥させる治療法が主流でした。

消毒してお薬を塗り、ガーゼを貼るという治療法は、激し痛みを伴いますし、完治まで長い時間がかかり、傷跡が残る・皮膚がひきつるといった後遺症が残るケースもありました。

しかし、湿潤療法では、患部が治癒するスピードが速いなどのメリットがあり、何より患者さんの痛みが軽減されます。

ガーゼではなく、ラップを使用することで、剥がす時の痛みがありません。

医師が分かりやすく解説した動画がありますので、こちらを是非ご覧ください。

重症の場合は救急車を

火傷の範囲が広い、または重度の火傷の場合は、患部を流水で冷やしながら救急車を呼ぶか、充分冷やした後に医療機関を受診しましょう。



市販薬を使うのはどんな時

    やけどの市販薬やけどの治療に使用できる市販薬は、多くはありません。

    やけどの度合いによっては、感染症のリスクや傷跡が残る可能性もあるため、やけどの範囲が大きい場合は病院を受診して治療を受けることをお勧めします。

    やけどの治療法は、時代の流れと共に変化し、現在では「患部を乾かさない」湿潤療法が主流になり、消毒しないお薬を塗らない治療法が常識になりつつあります。

    そのため、自己判断でお薬を塗ったりしない方が良いケースもありますので、お薬を購入する際は薬剤師・登録販売者に相談してくださいね。

    しかし、料理中のちょっとした火傷や、軽い火傷であれば、市販薬でも対応可能なケースがあると思いますので、下記のページでは、日常生活で起きる小さな火傷にお使いいただける市販薬をご紹介していきます。

    日焼けした直後のケア

      日焼けした直後のケアで、絶対にやって欲しいのは「しっかり冷やす」ことです。

      簡単なようですが、意外にこの処置を充分にされない方が多いのです。

      塗り薬などを塗るより先に、まずは患部をしっかり冷やさないと痛みや赤みはなかなか鎮まりません。

      また、しっかり冷やしたかどうかで、その後の状態が変わってきますので、ヒリヒリ感がある程度治まるまで、しっかり冷やすようにしましょう!

      痛みが引いた後も、直射日光に当たったり、熱いお風呂に入るのは避けてくださいね。

      日焼けのあとのケア


      日焼けした範囲が広い場合

      日焼けの範囲が広い時のケアたとえば、海岸で水着で日光浴をした時などは、ほぼ全身を日焼けしてしまいますね。

      こんな風に、日焼けが広範囲に渡っている場合は、冷水シャワーを浴びる、バスタブに浸かると全身を効率よく冷やすことができます。

      ただ、一つ気をつけなければならないのは、冷やし過ぎて低体温にならないこと。

      冷たすぎる水に長時間浸かっていると、体温が低下したり胃腸を冷やして下痢になったりしますので、お水を適度に冷たいと感じる(気持ち良いと感じる)温度に調節して冷やしてください。

      手足や顔、肩などの部分的な日焼けの場合

      顔などの部分的な日焼けのケア日焼けした箇所が顔や手など、部分的な場合は、氷嚢やタオルを使って冷やしましょう。

      足だけであれば、バスタブに冷水をためて足だけ浸かるという方法でも良いかと思いますが、顔の場合は水に浸かることが難しいので、氷水で濡らしたタオルを絞って、顔の上に乗せると良いでしょう。

      何度か繰り返さないといけないので、少し面倒ですが、この作業をしっかりすることが、その後の経過にも影響しますので、ヒリヒリ感が鎮まるまで冷やして下さい。

      ドラッグストアには便利な氷嚢が売られていますが、自宅にない場合はビニール袋に氷と水を入れて、即席の氷嚢を作っても良いと思います。

      ただし、ビニールを皮膚に直に当てると冷たすぎて刺激が強いので、タオルでビニール袋を包むなどして下さい。

      やけど・日焼けを知ろう!

      カテゴリ別に見る

      症状別・製品別に見る