デリケートゾーンのカンジタが疑われる時の対処法。


カンジタが疑われる時

カンジタの原因

カンジタ菌は、膣内の常在菌として、体の中に存在しています。

膣カンジタは性感染しますが、必ずしもそうではなく、そのような行為をしなくても発症してしまうことが多々あります。

感染する病気ではありますが、いわゆる「性感染症(性病)」ではありません

膣カンジタは、膣内の常在菌である「カンジダ真菌」というカビが異常に増えることによって起きます。

要するに、もとから自分が持っている弱い雑菌が増えすぎてしまっただけの状態なので、性経験のない人でもカンジダ膣炎になることがあるのです。

菌が増えすぎてしまう原因には、風邪や病気などによる体力や免疫力の低下、抗生物質の長期服用などがあります。

高熱が出たり、風邪が長引いたりすると、カンジタになってしまうというのは決して珍しいことではありません。

体力の低下が要因ですので、体調が悪い時はしっかり休むのは大事なことですね。

カンジタの原因

膣カンジダの主な症状 は、おりものの異常とデリケートゾーンや腟内の痒みです。

おりものは、ポロポロとしたカッテージチーズ状になることが多く、白色や黄緑色をしています。
割と特徴的なおりものなので、一度でもカンジダ腟炎になったことがある人なら、再発した時にすぐに分かると思います。

ちなみに、男性も感染して発症することがありますが、男性の場合はカンジダに感染しても皮膚炎を起こすだけです。

しかし、ひどくなると痒みが出たり皮膚が赤くなったりする、俗に言う「インキンタムシ」の状態になることがあります。



膣カンジタの治療法

腟カンジダと疑われる症状が現れた場合、まずは婦人科または産婦人科で検査を行います

類似疾患との判別が必要であるため、おりものを顕微鏡で調べたり培養して確定診断を行います。

類似疾患としておりものに変化のある疾患には、トリコモナス腟炎、委縮性腟炎、細菌性腟症など、また強く激しいかゆみが起きる疾患としては、接触皮膚炎や外陰癌などがあげられます。

腟カンジダと診断された場合、オキシコナゾール硝酸塩などの抗真菌薬がよく使われます。

病院へ行く以外の治療法として、再発の場合には「フェミニーナ 腟カンジダ錠」のような市販薬を使って、自分で治すこともできます。

したがって、膣カンジタにフェミニーナ軟膏Sなどは効かない、ということになりますので、カンジタが疑われる場合は、使用しないでください。

また、購入する時には薬剤師から使用法などについての説明を受け、使用前には添付文書をしっかりお読みくださいね。

膣カンジタに効く市販薬

オコシコナゾール硝酸塩などの抗真菌薬は、実は市販もされています。

第一類医薬品といって、薬剤師による販売が義務付けられている商品で、購入には条件があります。

まず、膣カンジタかどうかが分からない場合は、購入することが出来ません。
購入できるのは、以前、医師によるカンジタの診断を受けたことがある人が再発した場合のみです。

?フェミニーナ膣カンジタ錠(小林製薬)
  • 有効成分オキシコナゾール硝酸塩。1日1回。

?エンペシドL(佐藤製薬)
  • 膣錠。有効成分は、イミダゾール系の抗真菌成分クロトリマゾール。1日1回。

?メディトリートクリーム(大正製薬)
  • クリーム。有効成分はミコナゾール硝酸塩。 膣カンジダの再発による、発疹を伴うデリケートゾーンのかゆみに。

メディトリート膣坐剤(大正製薬)
  • 膣坐剤。有効成分はミコナゾール硝酸塩。1日1回。

?オキナゾール(田辺三菱製薬)
  • 膣坐剤。有効成分は オキシコナゾール硝酸塩。1日1回。

?

デリケートゾーンのかゆみ

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る