防風通聖散とは?配合されている生薬成分について。


防風通聖散とは

防風通聖散とは防風通聖散というとピンと来ないかもしれませんが、市販薬の「ナイシトール(小林製薬)」は多くの方がご存じだと思います。

そのナイシトールの成分が、この「防風通聖散」。

その他にも、「コッコアポA」や、「和漢箋」など、クラシエやロート製薬、ツムラなど大手製薬会社から市販されています。

コマーシャルなどで「腹部の脂肪が落ちる」というような表現をしていますし、お薬のパッケージにも「お腹の脂肪が多い方に」と表記されていますので、痩せ薬のようなイメージをお持ちの方も多いかもしれません。

防風通聖散には、確かに脂肪の燃焼を促す効果はあるのですが、その他にもいろんな効果があります。

また、どんな人が飲んでも同じような効果が出るわけではなく、中には「服用しない方が良い人」というのもいます。

ここでは、防風通聖散の正しい飲み方と間違った飲み方、正しい選び方について、分かりやすく解説していきたいと思います。



防風通聖散の成分

防風通聖散には18種類の生薬が配合されています。
(各商品によって、生薬の配合量などに若干の違いはあります)

18種類の生薬とは

防風通聖散に配合されている生薬

生薬の主な働き

当帰(とうき) 血行障害の改善、強壮薬、鎮痛薬などとして婦人薬に効果があります。
芍薬(しゃくやく) 抗炎症作用や、筋肉のコリや痛みを抑える作用があります。
川きゅう(せんきゅう) 貧血、冷え性、月経痛など婦人薬として。鎮痛・鎮静作用もあります。
麻黄(まおう) 発汗や利尿作用があり、解熱や咳止め成分としても使用されます。
大黄(だいおう) 大腸に作用する下剤。便秘薬などに配合されます。
白朮(びゃくじゅつ) 水分の代謝を助け、余分な水分を排泄する。胃腸炎やむくみなどに。
山梔子(さんしし) 消炎・鎮痛、止血、解熱などの作用があります。精神不安などにも。
連翹(れんぎょう) 強い抗菌作用があり、消炎・鎮痛、利尿・排膿作用を持っています。
薄荷(はっか) 消化不良、頭痛、気分のリフレッシュなどに。
桔梗(ききょう) 去痰薬として使用される。排濃や鎮痛作用があります。
黄ごん(おうごん) 消炎、鎮痛作用を持つ。胃腸炎などにも効果があります。
石膏(せっこう)

天然の含水硫酸カルシウム。

滑石(かっせき) 口渇や尿量減少に。
荊芥(けいがい) 解熱・鎮痛作用。発汗などの作用を持つ。
防風(ぼうふう) 解熱・鎮痛・発汗作用を持ち、感冒や頭痛、関節痛等に効果があります。
生姜(しょうきょう) 吐き気やムカつき等の改善に。
甘草(かんぞう) 抗炎症・抗アレルギー、鎮痛作用を持つ。
芒硝(ぼうしょう) 腹部の膨満感、固くなった便、胃もたれなどの改善に。

防風通聖散について知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る