自分に合った便秘薬の選び方について。市販の便秘薬の種類や特徴をまとめています。


便秘のタイプによって、市販薬を使い分けてみよう

便秘の原因は人それぞれですが、男性よりも女性に多い傾向があります。お通じがない日が続くと、お腹のハリ・食欲不振・吹き出物など、不快な症状が出ることがありますから、悩んでいる人は多くいらっしゃると思います。

便秘のタイプのイメージ

そこで、市販の便秘薬を使用している人も多いと思うのですが、便秘薬はお薬の作用によってお通じを促すものですから、対症療法(一時的な対処法)ということになります。

本当の便秘解消とは、自力で自然な排便が出来るようになることですから、そのためには食事や生活習慣の見直しが欠かせません。

とは言っても、便秘はツラいですから、生活習慣の見直しをしながら、適度に便秘薬を使用して徐々に改善していけるといいですよね。そのためにも、自分の便秘にはどんな薬が合っているのかが分かるようになると良いのではないかと思います

じつは、便秘のタイプに応じて、適した便秘薬というのがありますので、店頭で便秘薬を選ぶ時の参考にしていただければと思います。が、一番良いのは店頭で相談していただくことですので、分からない時は遠慮なく薬剤師や登録販売者に相談してください。





大きく分けて5つに分類される便秘薬、あなたに合うのはどれ?

市販の下痢止め薬は、大きく分けて次の5つに分類されます。症状によって服用するお薬が違ってきますので、各ページをご覧になって、ご自分の症状に合うお薬を探してみて下さい。


お腹が痛くなりにくい便秘薬

  • 【代表的な製品】
    ウィズワン、サトラックス、スルーラックデトファイバーなど。
  • 【特徴】
    食物繊維が腸内で水分を吸収して膨らみ、溜まった便を押し出すように促します。
    効果が徐々に現れるため、お腹が痛くなりにくく、自然なお通じに導きます。
お腹が痛くなりにくい便秘薬の詳細はこちら



マグネシウムの便秘薬

  • 【代表的な製品】
    3Aマグネシア、ミルマグ、スラーリアなど。
  • 【特徴】
    腸内に水分を集めることで、便が柔らかくなり排便しやすくなります。便がコロコロと硬い時や、痔のある人などに適しています。
マグネシウムの便秘薬の詳細はこちら



漢方の便秘薬

  • 【代表的な製品】
    タケダ漢方便秘薬、センナ錠、大黄甘草湯、アロエ便秘薬など。
  • 【特徴】
    ダイオウ・センナ・アロエなどの生薬を配合した便秘薬や、大黄甘草湯や防風通聖散などの漢方処方が代表的。
漢方便秘薬の詳細はこちら



即効性のある便秘薬

  • 【代表的な製品】
    コーラック、スルーラック、ビューラック、カイベールなど。
  • 【特徴】
    腸を刺激して排便を促す便秘薬。効き目は良いけれど、お腹も痛くなりやすいので、初心者は少ない錠数から試すと良い。
即効性のある便秘薬の詳細はこちら



浣腸と坐薬

  • 【代表的な製品】
    イチジク浣腸、コトブキ浣腸、新レシカルボン坐剤S、コーラック坐薬など。
  • 【特徴】
    浣腸は、5分~10分程で排便することができるが、慣れていない人には使いにくいのがデメリット。坐薬は炭酸ガスで直腸を刺激して、お通じを促します。
浣腸と坐薬の詳細はこちら

市販の便秘薬について



便秘について知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る