妊娠中の便秘に飲める市販薬はあるのか?妊娠中の便秘で気をつけた方がいいこと等も解説しています。


妊娠中は便秘になりやすい

妊娠初期には、ホルモンのバランスが大きく変わったり、妊娠したことに対する期待や不安から自律神経のバランスが乱れたりして、便秘になってしまうことがあります。逆に下痢になってしまう妊婦さんもいたり・・、下痢と便秘を繰り返すなど、妊娠初期は体が目まぐるしく変化する時期でもあります。

初期には「プロゲステロン」という女性ホルモンが多く分泌されるのですが、そのプロゲステロンには胃腸の筋肉を緩める働きがあるため、腸のぜん動運動も少し鈍ってしまい、結果として便秘になってしまうんですね

また、妊娠中期ころから徐々に子宮が大きくなり、腸を圧迫するようになったり、運動不足なども加わって便秘になりやすい傾向が、より強くなっていきます。


妊娠初期は市販の便秘薬を飲まないように!

妊娠初期は、つわりで食事が摂れなくなることもあります。食事の量が減れば、当然便の量も減りますから、お通じの回数が減ってもそれほど心配はありません。

ただ、腹部の膨満感やお腹のハリなどが辛い場合は、産科の医師に相談してみてください。整腸剤や便を柔らかくして出しやすくするようなお薬を処方してもらえます。妊娠初期に、市販の便秘薬を安易に使用するのは避けましょう。

便秘薬の中には腸に強い刺激を与えるお薬もあり、腸が激しく動くことで、すぐ傍にある子宮に影響してしまうことがあるからです。子宮が収縮して流産を招くおそれもありますので、便秘になったら掛かりつけの医師に相談してくださいね。





妊娠中期~後期の便秘

つわりがなくなってきて「安定期」と呼ばれる時期に入ると、食事は普通に摂れるようになることが多いですが、大きくなる子宮に胃や腸が圧迫されて、胃もたれや胸やけなどを感じるようになることもあります。

また、妊娠中期以降は体の動きが制限されたり、睡眠が浅くなったりと、ストレスも多くなりますね。そういったストレスから、お通じのリズムが崩れてしまうこともあります。体に無理のない程度に、ウォーキングや体操などの軽い運動をされると良いかと思います。



繊維の多い食事と水分補給で改善

フルーツグラノーラなど食物繊維の多い食品を意識して摂ったり、オリゴ糖やヨーグルトなど腸内環境を整えてくれる食べ物を、積極的に食事に取り入れるようにするといいですね。

妊娠中はトイレに行く回数も増えるため、それが億劫でついつい水分を摂るのを控えたくなるのですが、水分不足は便秘を招きやすくなるため、繊維質を摂った時は尚更、水分をしっかり補給するようにしましょう。




妊娠中に便秘薬を飲むことができる?

妊娠中はNGの便秘薬

妊娠中に便秘になった時に、産科で相談をすると妊婦さんでも飲める便秘薬を処方してもらうことができます。ですから、妊婦さんの便秘は検診の時に主治医に相談するのが一番です。

特に、下記のような市販の便秘薬は刺激が強く、流産などのリスクがありますので、自己判断で勝手に飲まないようにしましょう。内服薬だけではなく浣腸も、妊婦さんは使用しないで下さいね。

腸に刺激を与えるタイプの便秘薬 アントラキノン系と言われる成分を配合した便秘薬です。
腸を無理やり動かしてお通じを促すので即効性はありますが、子宮収縮も引き起こすため、流産や早産のリスクが高まります。


【代表的な製品】
コーラックやコーラックⅡ、スルーラックS、ビューラック、カイベールC、センナ錠など。


妊娠中に飲んでもいい便秘薬はあるの?

妊娠中期から後期にかけては、産科の主治医に相談すれば、酸化マグネシウムなどの便秘薬を処方してもらえます。「塩類下剤」というタイプの便秘薬で、マグネシウムなどの塩類の浸透圧で腸内に水分を溜めることで便を柔らかくする効果があります。

作用が穏やかですので、妊婦さんに処方されることはあるのですが、塩類下剤は腎臓や心臓に持病のある方にはお勧めできませんし、健康な人も摂り過ぎるとリスクがあります。

妊娠中は体のいろんなところに負担がかかりますから、健康体だった人も妊娠によって思わぬ不調が出ることがあります。便秘だけでなく、妊娠中の不調や不快感は産科の医師に相談してくださいね。

市販の便秘薬について



便秘について知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る