ぎっくり腰や椎間板ヘルニアなどによって起こる腰痛について。腰に貼るのに適した湿布薬などもご紹介。


ぎっくり腰・腰痛と湿布

腰痛の原因は、本当にさまざまです。

腰椎椎間板ヘルニアや脊柱菅狭窄症といった骨の病気が原因で辛い腰痛が起きることがありますが、他にも、過度な運動による筋肉の疲労や、加齢、姿勢の悪さが関係していることもあります。

いつも重い荷物を持つ仕事をしている人や、車を長時間運転する人など、常に腰に負担をかけていると腰痛を起こしやすいかもしれません。

ぎっくり腰・腰痛と湿布薬

ぎっくり腰は「魔女の一撃」?!

重い荷物を持ち上げたり、体をひねった時などに、急激に強い痛みが起こる「ぎっくり腰」。

あまりに強い痛みが急に起こるため「魔女の一撃」とも言われています。

自力で歩けない、座れななど、身体の動きが自由に取れなくなり、非常に強い痛みが出るのが特徴ですが、ぎっくり腰を起こす要因は、まだよく分かっていないんだそうです。

自力で動けないほど痛みが強い場合は、しばらく安静にした後、専門医を受診してください。



腰痛にはどんな湿布がいいの?

腰痛の要因はさまざまですので、痛みが長く続いている場合や、安静にしていても痛む場合、脚のしびれを伴う場合などは、専門医を受診して一度しっかり検査することをお勧めします。

腰痛を起こす原因が腰椎椎間板ヘルニア脊柱菅狭窄症といった病気の場合は、湿布薬だけでは太刀打ちできないケースもあるからです。

運動の後の筋肉痛や、長時間車を運転した後の腰の痛みなど、軽い痛みでしたら市販の湿布薬でも様子を見ても良いかもしれませんが、湿布を使用しても痛みが良くならない場合は、病院を受診しましょう。

市販の湿布薬

市販の湿布薬は種類もさまざまですが、湿布のサイズもいろいろです。

腰痛では、痛みが出る範囲が広いですから、大判サイズの湿布薬が使いやすいと思います。

※配合されている消炎鎮痛剤によっては、アレルギー等によって使用できない人もいますので、購入する前に薬剤師・登録販売者に相談してください。

フェイタス5.0大判(久光製薬)
  • 15歳未満の小児や喘息などの持病のある人はは使用できません。
?バンテリンパップS(興和)
  • 15歳未満の小児や喘息などの持病のある人はは使用できません。
?
?腰痛パテックス(第一三共ヘルスケア)
  • 温めると痛みが楽になる人向け。薬剤をストライプ状に塗り込んでいるのが特徴。
    シートは厚みがあり、背骨を中心とした腰部に貼りやすい形状です。

    サンシシエキスとトウガラシエキスを配合しており、西洋薬を配合していないのも他の湿布薬との大きな違い。
?

湿布薬を知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る