メジャーなシリーズではないけれど昔からある、そんな頭痛薬をいくつかご紹介しています。


その他の市販の頭痛薬

それほどメジャーではないけれど、ドラッグストアに行けば必ず置いてあるような頭痛薬をいくつかご紹介します。

昔からある製品も多いので、ご存じの方も多いと思います。
配合されている成分別にまとめてみました。

アスピリン(アセチルサリチル酸)を含む頭痛薬・鎮痛剤

バイエルアスピリン(佐藤製薬)

?エキセドリンA錠(ライオン)

?ケロリン(内外薬品)

?

上記の3製品は、15歳以下は服用できません。眠くなる成分を配合していませんが、若干胃への負担が大きいので、必ず食後に飲んでくださいね。

イブプロフェンを含む頭痛薬・鎮痛剤

リングルアイビー(佐藤製薬)

リングルアイビー200(佐藤製薬)

?リングルアイビー錠200(佐藤製薬)

?
?フェリア(武田薬品)

?
? リングルアイビーは、液体のソフトカプセルが特徴。中身が液体なので速く溶けて速く効きます。また、3製品ともイブプロフェンのみの処方になっていて、眠くなる成分やカフェインは配合されていません。


アセトアミノフェンを含む頭痛薬・鎮痛剤

ハッキリエースa(小林製薬)

大正トンプク(大正製薬)

? 2製品とも、『ACE処方』となっています。ハッキリエースには生薬のシャクヤクエキスが配合されているのが特徴。胃酸を中和する成分も配合されています。


頭痛薬を知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る