セデスシリーズの種類とその効能効果、各製品の特徴を解説しています。


セデスの種類と特徴(発売元:塩野義製薬)

セデスにはイソプロピルアンチピリンが主成分のピリン系の製品ACE処方の製品イブプロフェンが主成分の製品の3種類があります。

それぞれの特徴について順番に解説していきます。

イソプロピルアンチピリンが主成分、ピリン系の『セデスハイ』

セデス・ハイは,鎮痛作用の強いイソプロピルアンチピリンをはじめ4種類の成分を配合することにより,強い痛みにもすぐれた鎮痛効果をあらわします。

しかし、イソプロピルアンチピリンは、「ピリン系」とよばれる成分で、副作用として発疹(ピリン疹)ができることがあります。

アレルギー体質の人や、服薬によってアレルギーを起 こしたことのある人は注意が必要です。

セデス・ハイ(塩野義製薬)
◆痛みを抑える効果が高いのが特徴。

?セデス・ハイG(塩野義製薬)
◆顆粒なので溶けるのが速く、胃への負担も少ない。


上記2商品に共通する特徴

・両方とも、配合されている成分は同じで、錠剤か粉末かの違いです。
・15歳未満は服用できません。


ACE処方の『新セデス錠』と『セデスV』『セデスファースト』

新セデス錠(塩野義製薬)
◆7歳から服用できます。

セデスV(塩野義製薬)
◆セデス錠の成分にビタミンB1をプラスした処方。肩こり痛やコリからくる頭痛などに。

?セデス・ファースト(塩野義製薬)
◆セデス錠、セデスVと違って眠くなる成分を含みません。胃酸を中和する成分も配合しているので、胃にやさしい処方です。

?
? 上記3つは、7歳から服用可能ですが、エテンザミドはアスピリンと同じサリチル酸系の成分のため、高熱が出た時など、インフルエンザや水疱瘡などウィルス感染症が疑われる時には使用しないようにしましょう。


イブプロフェンが主成分の『セデスキュア』

生理痛や頭痛、発熱などにすぐれた効果を発揮するイブプロフェンが主成分です。

セデスキュアは、成分の種類・配合量がエスエス製薬のイブA錠と同じ処方になっています。

セデスキュア(塩野義製薬)
◆イブAと同じ処方ですが、値段が少し割高です。



頭痛薬を知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る