新しくなったピロエースZの効き目と従来品との違いを解説しています。


ピロエースZ(第一三共ヘルスケア)

2011年12月20日、第一三共ヘルスケアから殺真菌薬『ラコナゾール』を主成分とした水虫薬ピロエースZが発売されました。

ピロエースWの発売から、実に19年ぶりの新製品リリースとなります。

2006年にスイッチOTCとされたラノコナゾールは、水虫の原因菌である白癬菌に対するMIC(最小発育阻止濃度)が低く、優れた殺菌力を有し、角質貯留性が高いことから長時間殺菌効果を発揮します。

ピロエースZは、1日1回の使用で高い効果を得ることができる製品です。

同じ『ラコナゾール』配合の水虫薬に、ウインダムがありましたが、ウインダムには痒み止めや抗炎症薬が配合されていないため、消費者からの人気度はイマイチでした。

ピロエースZ液の成分表

ピロエースZ液

ラコナゾール以外に、マレイン酸クロルフェニラミン、クロタミトンといった痒みを抑える成分と、グリチルリチン酸(抗炎症薬)が配合されていますので、痒みの強い水虫にも効果を発揮します!

ピロエースZクリーム(第一三共ヘルスケア)
◆カサカサ型、ジクジク型の両方に。

?ピロエースZ液(第一三共ヘルスケア)
◆足裏、かかとなどの乾燥した水虫。クリームや軟膏よりも刺激が強いため、痛みのある患部には不向き。

?
ピロエースZ軟膏(第一三共ヘルスケア)
◆油性の基剤のため、患部を保護する作用が高い。足裏のガサガサ水虫などに。

?
?ピロエースZジェットスプレー(第一三共ヘルスケア)
◆冷感ジェットが素早く痒みを抑える。足指の間の痒い水虫などに。

?

ピロエースには、皮膚の消毒・洗浄ができるピロエース石鹸があります。

トリクロカルバンと、クレゾールの2種類の皮膚の洗浄剤が配合された薬用石鹸です。

皮膚の消毒だけでなく、足水虫独特の足の臭いも防いでくれますよ

?ピロエース石鹸(第一三共ヘルスケア)
◆皮膚の殺菌洗浄。体臭を防ぐ薬用せっけん。



ピロエースW

ピロエースWは、価格が安くて購入しやすいのですが、白癬菌の殺菌力の面で見ると、あまりおススメの商品ではありません。

1日に2~3回塗らないといけませんし、忙しい人にとっては不向きと言えますね。
ここでは、参考までに商品の紹介をしておきます。

ピロエースWクリーム(第一三共ヘルスケア)


?ピロエースW液(第一三共ヘルスケア)


?
ピロエースW軟膏(第一三共ヘルスケア)


?ピロエースWパウダースプレー(第一三共ヘルスケア)

?

水虫薬を知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る