市販薬(OTC薬)とは何か?医療用医薬品との違いをまとめています。


市販薬(OTC薬)とは何か?

病院でもらう薬は、医療用医薬品と呼ばれ、病院で医師に診察を受け、処方されないと手にすることはできません。ドラッグストアなどの薬店で買う薬は「一般用医薬品」、俗に大衆薬市販薬などと呼ばれていますが、専門的に表現するとOTC医薬品とも言います。医師の診察を受けなくても、自分で購入できます。(あたりまえですね)

OTCとは、英語の「Over The Counter(オーバー・ザ・カウンター)」の略語で、カウンター越しにもらう薬という意味です。一昔前のお薬屋さんは、お薬の棚の前にカウンターがあって、お客さんが自分で薬を手に取るのではなく、お店の人に相談をしながら買うのが主流でした。

しかし、今ではカウンター越しにもらうケースは少なくなって、ドラッグストアでは私たちが自由に市販薬を手に取って、薬を選ぶ事ができます。気軽に買えるようにはなりましたが、お薬の正しい選び方や使い方を情報提供してもらえる機会が減り、どれを買えば良いのか悩むことも増えたのではないでしょうか?

ドラッグストアのイメージ



市販薬(OTC薬)の特徴や注意点

OTC薬(市販薬)の特徴

OTC医薬品(市販薬)は医療用医薬品と同様の成分が使われていますが、リスクを避けるために、成分の量は医療用医薬品の半分とか3分の1程度に抑えられています(一部の商品では、医療用と成分量が同じものもあります)。

また、お医者さんでもらう薬の場合は、風邪を例に例えると「総合感冒薬」などは処方されません。医療用のお薬は基本的に単味剤と言って、一つの錠剤に一つの成分が入っていますので、症状に応じて複数の医薬品を処方します。

一方、OTC医薬品(市販薬)では、一つの錠剤の中にいくつかの成分が配合されていて、いくつかの症状に効くように作られている事が多いのが特徴です。総合風邪薬が良い例ですね。熱や咳・鼻水など複数の症状に効く成分が一つにまとめられています。

市販薬のイメージ


OTC医薬品は、効き目がマイルドであるとの表現をする事ができますが、最近ではスイッチOTCと呼ばれる薬が登場しています。スイッチとは、転用の意味で、医療用医薬品を市販薬にほとんどそのまま転用している医薬品と言う意味になります。

多くの患者さんに長く使われてきた医療用医薬品で、「薬局で、市販しても良い」と承認された薬のことです。元々は医療用医薬品なため、効き目がシャープです。



スイッチOTCには次のようなものがあります。




OTC薬(市販薬)の注意点

薬局で手軽に買える医薬品(市販薬)は、病院に行く時間がない時にとても便利ですが、注意すべきこともあります。OTC医薬品は、安全性を考慮して、医療用医薬品よりも有効成分の含有量が少なくされていることが多いのですが、用量や使用方法を誤るととても危険です。

添付文書をよく読み、「この薬を使用してはいけない人」に該当しないかを確認し、決められた用量・用法を守って服用しましょう。

特に、過去に医薬品でアレルギー症状を出したことのある人は、注意が必要です。医薬品はたくさんの成分が含まれていることがあり、 アレルギーの原因となる成分を見落としやすいのです。

また、決められた用量を服用しても症状が回復しない場合に、用量をどんどん増やしていくことは絶対にしてはいけません。そんな時は、購入した薬が症状に適していないということが 考えられます。症状の原因を特定するために、医師に診察してもらいましょう。

また、用量を増やすことで副作用がでる可能性も高くなります。いずれにしても、自己判断は危険ですので、薬の使い方については、薬剤師や登録販売者に相談しましょう。

頭痛薬を知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る