水虫薬ではめずらしいゲルタイプがあるラマストン。適した症状や効果について。


ラマストンMX2(佐藤製薬)

水虫薬には珍しい『ゲル』タイプの製品がラインナップされているのが、ラマストンMX2です。

クリーム・液・スプレーの3アイテムはよく見かけますが、ゲルタイプの水虫薬ってないですよね?

クリームよりも更にサッパリしていて、ベトつきが少ないので、クリームのベトつきがイヤという方は一度試してみるとよいかもしれません。

ラマストンMX2の成分

ラマストンMX2の成分


大正製薬のブテナロックと同じ塩酸ブテナフィンが配合されています。
痒み止めとして、塩酸リドカイン(局所麻酔薬)とdl-カンフルが配合されていますので、痒みのある水虫にも効果があります。

しかし、抗炎症作用のある成分は配合されていないので、おススメ度は若干ダウンします。



ラマストンMX2の特徴と選び方

ラマストンMX2ゲル(佐藤製薬)
◆冷たい使用感。パウダー配合でサッと渇いてべとつかないのが特徴。
※クリームと比べると、若干刺激が強い。

ラマストンMX2クリーム(佐藤製薬)
◆刺激が少なく、カサカサ・ジクジクのどちらの水虫にもおすすめ。

?
ラマストンMX2液(佐藤製薬)
◆カサカサタイプの水虫に。赤みや痛みのある患部には不向き。

水虫薬を知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る