目薬はどこに保管した方がいいのか?開封したらいつまで使えるのか?などについて解説。


目薬の使用期限

未開封の目薬は、高温多湿の場所を避けて室温(1~30℃)で保管していれば、目薬の容器や外箱に記載されている使用期限まで保存が可能です。

しかし、一度開封してしまえば話は別。

商品によって違うので一概には言えませんが、一般的な市販の目薬は、開封後1~2ヶ月以内に使い切るようにしましょう。

目薬の使用期限について



目薬は冷蔵庫に保管した方がいい?

目薬を冷蔵庫に保管している人もいると思います。

冷蔵庫に保管すると目薬が冷たくなって、さす時にスーッとして気持ちが良いですし、一定の低い温度で保存することで、品質も維持しやすくなります。

しかし、過信は禁物です。

『冷蔵庫に保管すれば絶対に大丈夫』『何ヶ月も保存が可能になる』というわけではありません。

冷蔵庫に保管していても、開封後は1~2ヶ月以内に使い切るようにしましょう!

目薬の保管で気をつけること

目薬の中に浮遊物が見えたり薬液の濁りがある場合は、使用を中止しましょう。
 (容器内に細菌が侵入し、薬液が汚染されている可能性があります)

匂いの強いものと一緒に保管しないようにしましょう(外用湿布薬など)。
 (匂いに強いモノと一緒に保管すると、匂いが薬液に移ることがあります)

テレビ・AV機器の上や車の中などに置かないようにしましょう。
 (高温になる場所に置かない)

目薬を知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る