市販のイブシリーズの種類とその効能効果、特徴を解説しています。


イブの効き目と特徴

イブが市販薬としてデビューしたのは1985年。
それまでは、医療用医薬品として病院で処方されていました。

イブプロフェンのスイッチOTC第1号として発売されたのが、イブ(エスエス製薬)です。

現在では、バファリンと並んで最も広く使用されている鎮痛剤の一つです。

イブの効能効果

頭痛・生理痛・関節痛・外傷・歯痛・神経痛など幅広い痛みに効果を発揮します。
消炎効果があるため、軽い腫れをともなう痛みにも有効です。

イブの特徴

イブプロフェンは、プロピオン系の非ステロイド系消炎鎮痛剤で、高い解熱作用と消炎作用を持ち、他の鎮痛剤に比べて比較的胃への負担が少なく、効き目が早いのが特徴です。

小児への安全性は確立されていないため、15歳未満の服用はできません。

イブの副作用と服用する時に注意すること

イブプロフェンは、非ステロイド性鎮痛剤の中でもっとも胃障害が少ないと言われています。しかし、これは用法・用量をきちんと守った場合。用法・用量を超えて服用した場合はこの限りではありませんのでご注意を!

報告されている一般的な副作用には、吐き気・消化不良・下痢・発疹などがあります。
胃障害を避けるためにも、食後すぐの服用をおススメします。

また、胃潰瘍などの消化性潰瘍の治療を受けている方は、主治医の指示に従って下さい。過去に消化性潰瘍を患ったことがある人は、購入の際に薬剤師・登録販売者に相談しましょう。

イブA錠イブクイック頭痛薬には、眠気を起こす成分が入っているため、服用後に車や機械の運転・操作をしてはいけません。



イブシリーズ一覧(発売元:エスエス製薬)

?イブA錠EX(エスエス製薬)
◆15歳未満は服用できません。
イブプロフェン200mg配合(従来品は150mg配合)。2015年新発売。

?イブクイック頭痛薬(エスエス製薬)
◆効き目が速いのが特徴。服用してから20分程で効果を発揮します。
◆頭痛薬と名前についていますが、生理痛や歯痛など他の痛みにも効果があります。

?イブA錠(エスエス製薬)
◆15歳未満は服用できません。

イブ(エスエス製薬)
◆眠くなる成分は入っていません。

頭痛薬を知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る