ダマリングランデとダマリンエース、ダマリンLの違いとそれぞれの特徴について。


ダマリン(大正製薬)

ダマリンには3つのシリーズがあります。
配合されている成分や、効果、価格が違いますので、それぞれの特徴を解説します。

ダマリンシリーズ


ダマリングランデ

ダマリングランデの4つの有効成分

塩酸テルビナフィン アリルアミン系の抗真菌剤で、水虫菌(白癬菌)の細胞膜の合成経路を初期段階で阻害します。
?グリチルリチン酸二カリウム ?発赤など、皮膚の炎症を改善します。
?リドカイン 局所麻酔作用により、患部のかゆみや痛みなどの不快な症状をしずめます
?L-メントール 患部のかゆみ炎症をやわらげるとともに、清涼感を与えます。

ダマリングランデのタイプと選び方

ダマリンシリーズの中で、もっとも効き目が良いのはこのダマリングランデです。

殺真菌力が強いのはもちろんですが、痒みや痛み・炎症にもしっかり効果を発揮し、クリームがべとつかないなど、使用感が良いのも人気の理由の一つです。

ダマリングランデXクリーム(大正製薬)
◆特徴
サラッとべたつかないクリームで、ジクジクした患部におすすめ。カサカサした患部にも使えます。

?ダマリングランデX液(大正製薬)
◆特徴
浸透しやすい液剤で、カサカサした患部におすすめ。

?
ダマリングランデXパウダースプレー(大正製薬)
◆特徴
手を汚さずに使えるパウダースプレーで、ジクジクした患部におすすめ。パウダーが表面の水分を吸収して患部をサラサラに乾燥させます。

?ダマリングランデXアイススプレー(大正製薬)
◆特徴
ジクジクした患部におススメ。「氷の泡」が患部を冷却 。水虫の痒みや不快感を瞬時に鎮めます。

※アイススプレーというだけあって、ヒンヤリ感は他の製品と比べモノになりません! 冷却効果は水虫薬の中で最強!

?

ダマリンエース

ダマリンエースの成分と特徴

塩酸アモロルフィン 日本で唯一つのモルホリン系の抗真菌剤。
白癬菌の合成経路の2ヶ所をブロックすることで殺菌します。

この通り、ダマリンエースには抗真菌剤のみが配合されていて、痒み止めや炎症を抑える成分などは入っていません。
したがって、痒みの強い水虫にはおススメとは言えません

しかし、白癬菌を殺菌するメカニズムが他の水虫薬と異なるので、他の水虫薬ではあまり効果が得られなかった場合に、使用してみるといいかもしれません。

ダマリンエースのタイプと選び方

?ダマリンエースクリーム(大正製薬)
◆特徴
ジクジクした水虫におすすめ。

?
ダマリンエース液(大正製薬)
◆特徴
カサカサした水虫におすすめ。

ダマリンL

ダマリンLの成分と特徴

こちらも、1日1回で効くタイプです。少し前の抗菌成分になっていますが、効き目が悪いわけではありません。20gと容量が多いのも特徴の一つ。

痒みを抑える成分が2種類配合されているため、痒い水虫に効果があります。

硝酸ミコナゾール イミダゾール系の抗真菌剤。白癬菌だけでなくカンジタにも効果。
クロタミトン 痒みを鎮める成分。
?リドカイン 局所麻酔薬。水虫の痒みや痛みを抑えます。
?グリチルリチン酸二カリウム 抗炎症薬。水虫による炎症や赤みを鎮めます。
?尿素(クリームのみ) 角質軟化成分。角質を柔らかくしてお薬の浸透を助けます。
?L-メントール(液のみ) 清涼剤。水虫の痒みや不快感を抑えて清涼感を与えます。

ダマリンLのタイプと選び方

ダマリンLには、クリーム・液の2タイプがあります。

痒みのある水虫にもよく効き、価格はダマリンシリーズの中で最も安価です。

ダマリンLクリーム(大正製薬)
◆ジクジクした患部におすすめ。

ダマリンL液(大正製薬)
◆カサカサした患部におすすめ。

水虫薬を知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る