白内障を治療する市販の目薬はあるのか?予防できる目薬についても解説。


白内障と目薬

年を取るとともに増えてくる目の病気の一つに『白内障』があります。

白内障は、目の『黒目』の部分が白く濁ってきて視野が狭くなったり、視力が落ちてしまったりする病気です。

白内障の場合、点眼薬は病気の進行を遅らせることを目的としており、病気の根本的な治療薬ではありません。

白内障の根本的な治療は外科手術になりますので、気になる症状がある方はまずは専門医を受診して下さいね!

以前は、ドラッグストアなどでカタリンK(白内障用目薬)が購入できたんですが、薬事法が改正されて、現在は医療用医薬品に区分されています。

処方箋を扱う『薬局』でしか購入できないようになったため、以前よりも入手が困難になっています。(しかし、カタリンKは白内障に効果がないという研究結果もあるようなので、点眼薬は専門医で処方してもらった方が安心です!)

このページでは、白内障専用目薬というよりも、市販の目薬の中から白内障の予防に役立つ目薬を紹介したいと思います。



白内障予防におすすめの目薬

これからご紹介する目薬は、白内障治療や予防の専用薬ではありません。

しかし、白内障の手術をした方々や、治療中の方々に店頭で最も人気のあった商品です。

  • 視界がクリアになった
  • 日中に感じる不快な『眩しさ』が軽減した


と、言ったようなご感想を多くいただいた唯一の目薬です。

もちろん、これは症状の軽い方に限った効果かもしれませんし、点眼薬は病気の進行を少し遅らせるだけですので、まずは専門医で診てもらうことをおススメします。

目薬だけで白内障が完治することはありませんので、あくまでも白内障やその他の眼病予防を目的としてお使い下さい。

新黄珠目薬(タキザワ漢方)
  • 生薬が主成分の目薬。
    優れた収れん作用で、かすみ目や充血・眼精疲労を素早く改善します。

目薬を知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る